ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 水道・下水道 > 上下水道事業 > 太宰府市水道料金等審議会答申
現在地 ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > 協議会・審議会 > 答申・提言 > 太宰府市水道料金等審議会答申
現在地 ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > 協議会・審議会 > 太宰府市水道料金等審議会 > 太宰府市水道料金等審議会答申

本文

太宰府市水道料金等審議会答申

ページID:0011474 更新日:2021年8月31日更新 印刷ページ表示

   令和3年8月10日、第5回太宰府市水道料金等審議会が開催され、水道料金については現行料金を据え置き、下水道使用料については令和4年4月1日使用分より平均改定率7.58%減で改定という答申が出されました。
   答申のとおり下水道使用料の改定を実施した場合は、平成26年4月以来実に8年ぶりとなり、令和4年度から令和7年度の4年間で総額約3億6千万円の値下げとなります。

市長に答申書を手渡す審議会会長

 

令和3年度太宰府市水道料金等審議会答申
答申提出日 令和3年8月10日(火曜日)
答申の内容 答申書 [PDFファイル/416KB]

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?
Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)