ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

令和の由来

ページID:0011391 更新日:2021年8月31日更新 印刷ページ表示

令和の由来となったのは、日本最古の歌集『万葉集』。この中におさめられている梅花の歌三十二首は、およそ1300年前に、ここ太宰府で詠まれました。この歌の序文から元号「令和」は名づけられました。

梅花の歌三十二首の序文

「初春の令月にして気淑く風和らぎ 梅は鏡前の粉を披き 蘭は珮後の香を薫らす」

​​現代語訳

「時あたかも新春の好(よ)き月、空気は美しく風はやわらかに、梅は美女の鏡の前に装う白粉のごとく白く咲き、蘭は身を飾った香の如きかおりをただよわせている」(「令和」考案者とされる中西進さんの昭和59年の著書『萬葉集 全訳注 原文付』より)

英語では、”Beautiful Harmony”と表され、文字どおり「美しい調和」を意味することばとして伝えられています。手話では、花のつぼみが開くような表現が使われています。

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?

観光サイトのバナー

文化財情報へ

令和発祥の都について