ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

発掘調査にはどのくらいの期間が必要ですか。

ページID:0002999 更新日:2021年8月31日更新 印刷ページ表示

発掘調査には確認(試掘)調査と本調査があります。

確認(試掘)調査

地下の遺跡や遺構の有無を確認する調査です。当市では土地所有者の承諾書を提出してもらったのちに、おおよそ2週間以内を目途に着手しています。確認調査は面積によりますが、個人の専用住宅の場合、調査の作業は1日程度で終了することが多いです。

発掘調査(本調査)

地下に遺構がある場合、文化財保護法第93条に規定する申請書の提出が必要です。なお工事等が遺構に影響があると判断されると、本調査が必要となります。発掘調査(本調査)は申し込みの順番により、調査の着工までに半年から1年以上必要となることもあります。実際の埋蔵文化財発掘調査では数日から数カ月以上の期間を要します。
なお、営利目的の工事にかかる発掘調査費用は原因者(工事主体者)の負担となります。
(現場の広さや遺構の密度・深さ、遺構面が多い場合により調査期間や発掘費用が変わります。)

 

関連するページ

埋蔵文化財の取り扱いについて

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?

くらし・行政サイト

令和発祥の都サイト

観光サイト

太宰府市 文化ふれあい館<外部リンク>

大宰府展示館<外部リンク>

太宰府市公文書館

九州歴史資料館<外部リンク>

日本遺産 太宰府