ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 戸籍・住民票・各種証明 > マイナンバー > マイナンバー制度(社会保障・税番号制度)

本文

マイナンバー制度(社会保障・税番号制度)

ページID:0001284 更新日:2021年8月31日更新 印刷ページ表示

平成28年1月から、社会保障、税、災害対策の行政手続にマイナンバーが必要になります。

お知らせ

マイナンバー制度の概要

日本に住民票を持つすべての人に12桁の個人番号(マイナンバー)を発行することで、国民の利便性の向上と公平・公正な社会の実現及び行政の効率化を図る制度です。
法人には、13桁の番号が割り振られます。

詳しくは内閣官房「マイナンバーホームページ<外部リンク>」をご覧ください。

特定個人情報保護評価

特定個人情報保護評価は、国の行政機関や地方公共団体等が、特定個人情報ファイル(個人番号をその内容に含む個人情報ファイル)を保有しようとするときは、特定個人情報ファイルを保有する前に、特定個人情報保護評価を実施することを原則として義務付けるものです。

特定個人情報保護評価書について

独自利用事務

「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」第9条第2項に基づき、条例に定めた事務(以下「独自利用事務」という)において個人番号を利用できることとされています。
また、独自利用事務を他の行政機関に情報照会・提供を行うには、「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律第19条第14号に基づき同条第7号に準ずるものとして定める特定個人情報の提供に関する規則」第4条第1項に基づき、個人情報保護委員会に届出を行うこととされています。

マイナンバーカード独自利用事務

マイナンバー総合フリーダイヤル

マイナンバーに関する問い合わせは、以下のコールセンターで対応しています。
「マイナンバーカード(個人番号カード)」の紛失・盗難による、カードの一時利用停止については、24時間、365日対応します。

電話番号

0120-95-0178(無料)

受付時間

平日 9時30分から20時00分、土日祝 9時30分から17時30分(年末年始除く)

※1番・5番については平日、土日祝ともに9時30分~20時00分(年中無休)(期間:令和2年12月~令和3年11月)
※紛失・盗難によるマイナンバーカードの一時利用停止については、24時間365日対応します。

 音声ガイダンスに従って、お聞きになりたい情報のメニューを選択してください。

  • 1番:マイナンバーカード・電子証明書・個人番号通知書・通知カードに関するお問い合わせ
  • 2番:マイナンバーカードの紛失・盗難について
  • 3番:マイナンバー制度・法人番号に関するお問い合わせ
  • 4番:マイナポータルに関するお問い合わせ
  • 5番:マイナポイントを活用した消費活性化策に関するお問い合わせ
一部IP電話等で上記ダイヤルに繋がらない場合(有料)

・マイナンバー制度、マイナポータル、マイナポイントに関すること
   電話番号 050-3816-9405

・マイナンバーカード・電子証明書・個人番号通知書・通知カード、紛失・盗難によるマイナンバーカードの一時利用停止
   電話番号 050-3818-1250

聴覚障害者専用お問い合わせFax番号

 0120-601-785

J-LIS(地方公共団体情報システム機構)のコールセンターで、聴覚障害者の方からのFaxによるお問い合わせを受け付けています。お問い合わせの際は、専用のFax用紙をご利用ください。
聴覚障害者専用お問い合わせFax用紙(地方公共団体情報システム機構ホームページ)<外部リンク>

英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語対応

・マイナンバー制度、マイナポータルに関すること
   電話番号 0120-0178-26

・マイナンバーカード・電子証明書・個人番号通知書・通知カード、紛失・盗難によるマイナンバーカードの一時利用停止
   電話番号 0120-0178-27

・マイナポイントを活用した消費活性化策に関すること
   電話番号 0570-0100-76(有料)

 

マイナンバー外部リンク

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?