ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

5.近代の太宰府

ページID:0001019 更新日:2016年9月1日更新 印刷ページ表示

明治22年(1889)太宰府村・北谷(きただに)・内山の2村が合併して太宰府村となり、坂本・水城(みずき)・国分(こくぶ)・観世音(かんぜおんじ)寺・通古賀(とおのこが)・片野(かたの)・大佐野(おおざの)・向佐野(むかいざの)・吉松(よしまつ)の9村が合併して水城村となりました。

太宰府村は明治25年に町制施行し太宰府町となりました。

昭和30年(1955)に太宰府町と水城村が合併し太宰府町が誕生しました。

昭和57年(1982)に市制施行し太宰府市となり現在に至っています。

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?

くらし・行政サイト

令和発祥の都サイト

観光サイト

太宰府市 文化ふれあい館<外部リンク>

大宰府展示館<外部リンク>

太宰府市公文書館

九州歴史資料館<外部リンク>

日本遺産 太宰府