新型コロナワクチン接種の日程のお知らせ

現在、接種の予約を受け付けています

今回の予約対象は85歳以上の人です(1回目の予約のみ、2回目の予約は1回目接種時に行います)。

時間帯によっては、コールセンターへの電話がつながりにくい場合もあります。
6月中旬までに皆様が必ず予約できるよう予約枠は設けていますので、焦らず、慌てずに、ご予約をお願いいたします。
お電話がつながらない場合は、時間を空け再度ご連絡いただきますようお願いいたします。

予約方法

次のいずれかの方法で予約をお願いします(接種券がお手元にない場合は予約できませんので、ご注意ください)。
予約の際には、接種券番号、生年月日等が必要になりますので、接種券(クーポン券)などをお手元にご準備していただきますようお願いします。

電話で予約

(電話番号)太宰府市ワクチン接種コールセンター
0570-003-336

(受付時間)
平日:午前9時~午後7時 土曜日・日曜日・祝日:午前9時~午後5時

インターネット(Web)で予約

下記URLから、予約ページへお進みください。
https://vc.liny.jp/402214

LINE(太宰府市公式アカウント)で予約

QRコードを読み込み、予約を行ってください。
接種券(クーポン券)にも印字しています。

LINE太宰府市公式アカウントQRコード


2回目の接種予約については、1回目の接種時に行います。
原則、3週間の間隔を空けたのち2回目の接種となります。接種会場にて、皆様に対し、スタッフが予約の案内を行います。

今後の予定(令和3年5月11日現在)

接種券(クーポン券)の送付予定
接種券(クーポン券)の送付予定
85歳以上の人(約3,700人) 4月26日(月曜日)に発送しました
80歳から84歳の人(約3,300人) 5月17日(月曜日)に発送予定
75歳から79歳の人(約4,000人) 5月下旬から6月上旬に発送予定
70歳から74歳の人(約5,700人) 6月上旬から6月中旬に発送予定
65歳から69歳の人(約4,300人) 6月中旬から6月下旬に発送予定
ワクチン接種の開始日
ワクチン接種の開始日
5月6日(木曜日)以降 接種の準備が整った高齢者施設の入所者、従事者
5月18日(火曜日)以降

高齢者向け(85歳以上から順次)の集団接種(市内2会場(接種開始当初は1会場))

接種開始当初の集団接種会場と日程
集団接種会場と日程
接種開始当初(6月第1週目まで)はワクチン量が限定的であること、医療従事者のワクチン接種が完了していないことから、1会場でのみ接種を実施しますので、ご了承ください。
(月曜日は接種の実施無し。5月については土曜日・日曜日の実施無し。)
6月2週目以降は、市内2会場での接種を予定していますので、希望される日程・時間・会場での予約をお願いします。
とびうめアリーナ(総合体育館) 5月18日(火曜日)、20日(木曜日)、25日(火曜日)、27日(木曜日)、6月1日(火曜日)、3日(木曜日)、5日(土曜日)
いきいき情報センター

5月19日(水曜日)、21日(金曜日)、26日(水曜日)、28日(金曜日)、6月2日(水曜日)、4日(金曜日)、6日(日曜日)

太宰府市コロナワクチン接種日程表(カレンダー)(PDFファイル:86.9KB)

接種予定表

(注意)
下記の場合などにより、接種スケジュールが変更になることがあります。今後の予定は順次更新します。

  • 新型コロナウイルス感染症の感染が拡大している場合
  • 医療に従事するへのワクチン接種が予定どおり進まない場合
  • ワクチンが予定どおり供給されない場合
  • 災害時に接種会場が避難所となった場合

 

現在、新型コロナワクチン接種について、ワクチンが届き次第速やかに接種が開始できるように準備を進めていますが、本市を始め一般市に配分されるワクチン量が、現段階では極めて限られています。
太宰府市に最初に配分されたワクチンは、令和3年4月29日に3箱(1,462人分×2回)です。
このように、全国的に見ても未だ国からのワクチン供給は極めて限りがあり、自治体によっても供給量は異なり、対象者数に対してワクチンが少ない状況です。そのため、まずは集団生活を行い、施設内クラスターの発生が心配される「高齢者施設等の入所者・従事者」を対象とした接種を、5月6日(木曜日)以降、接種について接種希望者の把握や医師との調整等が完了している施設から実施する予定です。

また、市が設置する会場(いきいき情報センターまたはとびうめアリーナ(総合体育館))での集団接種については、5月18日(火曜日)から開始します。
ただし、医療従事者への接種が大幅に遅れており、集団接種開始当初は本市へのワクチン供給量も限られていることから、小規模人数での接種実施となります。早期の接種をご希望される皆さんには大変ご不便をおかけしますが、ご理解いただきますようお願いします。

医療従事者の接種も終わったのち、安定的なワクチン供給が見込まれるようになりましたら、順次、段階的に接種券(クーポン券)を発送し、接種体制を拡大していきます。


今後もワクチン接種関連などの情報につきましては、必要に応じて、市広報紙やホームページ、LINE(市公式アカウント)をはじめとした各種SNS、令和3年度から開始予定のテレビのdボタン広報誌などを活用して発信してまいります。

 

接種の前のお願い

ワクチン接種会場では、1人でも多くの人が接種できるようスムーズな進行が必要になります。以下に当てはまる人は、ワクチンを受けることができない場合や、注意が必要な場合があります。かかりつけ医等にワクチン接種を受けてよいかどうかご相談していただき、接種会場にお越しください。

<受けることができない人・注意が必要な人>
受けることができない人 ○明らかな発熱がある方や、重い急性疾患にかかっている人
○ワクチンの成分に対し、重度の過敏性を起こしたことがある人
注意が必要な人  ○現在、何らかの病気で治療中の人
・心臓病、腎臓病、肝臓病、血液疾患、免疫不全で治療中の人
・血が止まりにくい病気の方や、血をサラサラにする薬を飲んでいる人
○以下のような症状が出たことがある人
・薬や食品に対する重いアレルギー症状
・けいれん(ひきつけ)


 

接種会場にお越しの際は

対象者には順次、接種券(クーポン券)を送付しますが、接種2回分の予診票やお知らせなどを同封しています。
予診票には、事前に下記の、水色部分への記入またはチェックをお願いします。
 

予診票(見本)

  予診票(見本)

診察前の体温やワクチン接種希望書欄は当日記入です。医師が、会場で治療や投薬の状況などを確認し、接種を受けても問題がないか判断いたします。
また、服薬中の人は、お薬手帳や普段飲んでいるお薬が分かるものを持参してください。
接種券(クーポン券)に同封しているワクチン予防接種の説明書も必ずご覧ください。

接種当日に持っていくもの

接種会場へ行く際は、下記の持参が必要ですので、事前にチェックをお願いします。

  • 接種券(クーポン券)
  • 本人確認書類(運転免許証や健康保険証など)
  • 予診票(事前に記入しておいてください)
  • お薬手帳など(お持ちの場合)

ワクチン接種を受ける際は

注射イメージ図

ワクチン接種は通常、三角筋(上腕の筋肉)に筋肉内注射という方法で行います。右図のように肩を出しやすい服装でお越しください(袖をまくることができない場合は、脱衣をお願いする可能性もあります)。

ワクチン接種の対象者・優先順位

太宰府市に住民票がある16歳以上の人が接種の対象者です。
ワクチンの供給量に限りがあるため、国が示している優先順位に応じて順次実施します。また、現時点(令和3年5月7日時点)では、医療従事者の接種が未完了であるため、今後、医療従事者の接種の進み具合によって、順次高齢者の接種を拡大していく予定です。

接種の優先順位

1.医療従事者など(新型コロナウイルス感染症患者(疑い患者を含む)に直接医療を提供する施設の医療従事者など)
2.高齢者(令和3年度中に65歳以上に達する(昭和32年4月1日以前に生まれた人))
3.基礎疾患を有する人(以下に記載している病気や状態の人で現在通院や入院している人)
・慢性の呼吸器の病気
・慢性の心臓病(高血圧を含む)
・慢性の腎臓病
・慢性の肝臓病(ただし、脂肪肝や慢性肝炎を除く)
・インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
・血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く)
・免疫の機能が低下する病気(治療中の悪性腫瘍を含む)
・ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
・免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
・神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害など)
・染色体異常
・重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
・睡眠時無呼吸症候群
・重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、又は自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)
・BMI30以上の肥満の人 (注意)BMI130の目安:身長170センチメートルで体重約87キログラム
4.高齢者施設などの従事者(高齢者が入所、居住する社会福祉施設などにおいて、利用者に直接接する職員)
5.60歳から64歳の人
6.上記1から5以外の16歳以上の人

接種回数

ワクチンの効果を高めるため、1人2回接種する必要があります。
ワクチンの種類により、3週間から4週間の間隔をあけるとともに、1回目と2回目は同じ製薬会社のワクチンを接種する必要があります。
現在、承認されているファイザー社製のワクチンは、1回目の接種後、通常、3週間の間隔で2回目の接種を受けてください。(接種後3週間を超えた場合は、できるだけ速やかに2回目の接種を受けてください。)
新型コロナワクチン予防接種についての説明書【ファイザー社製】(PDFファイル:701.8KB)

集団接種会場

原則、住民票のある市町村での接種となります。

1.いきいき情報センター2階(太宰府市五条3-1-1)
2.総合体育館(とびうめアリーナ)1階(太宰府市大字向佐野21番地2)

なお、移動支援として、会場までのコミュニティバスやタクシーでの移動料金の補助、無料送迎の実施も予定しています。

太宰府市での住所地外接種を受けるには

原則、ワクチン接種は住民票所在地の市町村において受けることになりますが、次のようなやむを得ない事情で太宰府市に長期滞在している方などは、事前に届出を行うことにより、太宰府市でワクチン接種を受けることができます。
・出産のために里帰りしている妊産婦
・遠隔地へ下宿している学生
・単身赴任者
・長期入院、長期入所している人
・災害により被害にあった人 など

申請方法

太宰府市での接種を希望する場合は、「住所地外接種届」の届出が必要です。次のいずれかの方法で提出してください。
「住所地外接種届」を受理した後、記載内容を確認したうえで、接種対象時期になり次第、「住所地外接種届出済証」を交付します。

(注意)申請者が被接種者と異なる場合は、申請者の本人確認書類の写し(コピー)も併せて添付が必要です。

郵送申請

「住所地外接種届」に必要事項を記入し、「接種券の写し(コピー)」、「返信用封筒」を添付して、下記の書類提出先へ郵送してください。

窓口申請

市役所ワクチン接種特別対策班事務室または保健センターに「住所地外接種届」のほか、「接種券の写し(コピー)」を提出してください。

メール

下記メールアドレス宛に「住所地外接種届」のほか、「接種券の写し(コピー)」を送付してください。

接種券の送付先を変更したい場合は

住民票所在地以外に接種券を送付してほしい場合は、「接種券送付先変更届」を提出してください。(送付まで時間がかかることがありますので、ご了承ください。)

接種券送付先変更届(PDFファイル:36.8KB)

提出方法は、郵送、窓口持参、メールとします。

届出人及び接種対象者の本人確認書類の写しを添付してください。

 

接種券を再発行したい場合は

接種券を紛失、滅失、破損したり、住民票所在地が変更になった場合、または接種券が届かない場合は、再発行の申請をお願いします。

申請方法

接種券の再発行を希望する場合は、「接種券再発行申請書」の提出が必要です。次のいずれかの方法で提出してください。
申請書を受理した後、記載内容を確認したうえで接種券を再交付します。
下記のいずれでも申請が難しい場合は、別途ご対応しますので、お電話にて、ご連絡ください。
 

郵送申請

「接種券再発行申請書」に必要事項を記入し、「申請者及び被接種者の本人確認書類の写し(コピー)」、「返信用封筒」を添付して、下記の書類提出先へ郵送してください。

窓口申請

市役所ワクチン接種特別対策班事務室または保健センターへ、「接種券再発行申請書」のほか、「申請者及び被接種者の本人確認書類の写し(コピー)」を添付し提出してください。

メール

下記メールアドレス宛に「接種券再発行申請書」のほか、「申請者及び被接種者の本人確認書類の写し(コピー)」を添付し、送付してください。

各書類の提出先


郵送:〒818-0198太宰府市観世音寺一丁目1番1号 ワクチン接種特別対策班

窓口:市役所ワクチン接種特別対策班事務室または保健センター

メール:corona-metsu@city.dazaifu.lg.jp

ワクチン接種までの流れ

ワクチン接種までの大まかな流れは次のとおりです。なお、ワクチン接種は強制ではありません。
1.接種券(クーポン券)がお手元に届く
接種対象者にはワクチン接種券(クーポン券)を順次郵送します
「新型コロナウイルスワクチン接種のお知らせ」と記載された封筒に、次のようなものを同封して送付いたします。
・「接種券(クーポン券)」
・「予診票(2枚)」
・「ファイザー社ワクチンに関する説明書」
・「新型コロナワクチン接種のお知らせ」
・「市からのお知らせ」 など
(注意)郵送時期は、国からのワクチン供給状況で変わります。決定次第、順次お知らせします。
2.接種の予約をする
次のいずれかの方法で予約してください。クーポン券が届く前には予約できませんので、ご注意ください。
○ 電話で予約する。 電話番号)0570-003-336
受付時間)平日:午前9時~午後7時 土曜日・日曜日・祝日:午前9時~午後5時
○ インターネットから予約する。
https://vc.liny.jp/402214
○ LINE クーポン券に印字されているQRコードを読み込んでください。
3.接種会場で接種を受ける
予約した日時に接種会場へお越しください。接種費用は、無料(自己負担はありません)です。
4.1回目の接種時に2回目の接種予約を行う
原則、3週間の間隔を空けたのち2回目の接種となります。接種会場にて、皆様に対し、スタッフが2回目予約の案内を行います。

ワクチン接種コールセンター

新型コロナワクチン接種の予約やさまざまなお問合わせの窓口として、コールセンターを開設しています。ご質問等ございましたら、ご連絡ください。
電話番号)0570-003-336
受付時間)平日:午前9時~午後7時 土曜日・日曜日・祝日:午前9時~午後5時

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

コロナワクチン施策の在り方などに関するお問合わせ窓口として、開設されています。
電話番号)0120-76-1770
受付時間)平日・土曜日・日曜日・祝日:午前9時~午後9時
 

新型コロナワクチン接種などを騙った詐欺にご注意ください!!

近頃、新型コロナワクチン接種には費用が必要だとして、金銭を要求する詐欺が報告されています。

ほかにも、ワクチン接種を優先させるからなどと費用を要求したり、ワクチン接種の予約をするためには予約金が必要などと金銭を要求するケースも報告されています。
全国で実施される、新型コロナワクチン接種は無料で行われます。本市おいても、ワクチン接種は無料で行いますので、万が一、訪問や電話などで金銭を要求された場合は、絶対に要求に従わないでください。気になることや不安なことがある場合は、すぐに110番に連絡するか、最寄りの警察署にご相談ください。
(なお、接種にかかる交通費や、連絡等にかかる通信費については実費負担が発生します。)

関連リンク集

・首相官邸「新型コロナワクチンについて」
https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/vaccine.html

・厚生労働省「新型コロナウイルス接種についてのお知らせ」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00218.html

・厚生労働省「新型コロナワクチンについてのQ&A」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00222.html

 

この記事に関するお問い合わせ先
防災安全課 電話番号:092-921-2121(代表) ファクス番号:092-921-1601
メールフォームでのお問い合わせ