10世紀の太宰府を歩く

観光ルート9-1

榎社の画像

歴史散歩

10世紀の太宰府
道真公ゆかりの「どんかん道」を歩く

コース 所要時間約 60分ガイド 史跡解説有

コースおよび移動時間

  西鉄:二日市駅=<10分>=榎社(榎寺・浄妙尼院)=<5分>=隈麿公奥都城=<10分>=紅姫供養塔=<30分>=太宰府天満宮=<5分>=西鉄:太宰府駅 計60分


【注意事項】

  • 乗り物を表示してあるもの以外は徒歩
  • 見学・観光の時間は含みません

概要

  榎社で亡くなった菅原道真の葬送の列が通った道といわれ、太宰府天満宮の秋の御神幸はこの道を通る。神幸行列の太鼓や鐘の音から「ドンカン」という名が付けられたそうです。

道真公ゆかりを偲ぶことができるコースです。

行程マップ

行程マップ(道真公ゆかりの「どんかん道」を歩く)行程マップ(道真公ゆかりの「どんかん道」を歩く)行程マップ(道真公ゆかりの「どんかん道」を歩く)

この記事に関するお問い合わせ先

観光推進課 電話番号:092-921-2121(代表) ファクス番号:092-921-1601
メールフォームでのお問い合わせ