まほろばの小径を歩く

観光ルート1

大宰府政庁跡の画像

ふるさと回帰、こころの再生

まほろばの小径を歩く

コース 所要時間約 80分 ガイド 史跡解説有

コースおよび移動時間

  西鉄太宰府駅=<5分>=太宰府天満宮=<15分>=観世音寺=<1分>=戒壇院=<4分>=日吉神社=<5分>=武藤資頼・資能の墓=<10分>=大宰府政庁跡=<10分>=坂本公園=<5分>=文化ふれあい館=<5分>=筑前国分寺跡=<20分>=西鉄都府楼前駅 計80分

 

【注意事項】

  • 西鉄五条駅利用の場合は、「観世音寺」までは徒歩10分
  • 「水城跡」まで行けば、徒歩で半日、自転車で2時間コース
  • 乗り物を表示してあるもの以外は徒歩
  • 見学・観光の時間は含みません

概要

  紫匂う筑紫路を、古寺にいにしえを訪ね、野辺に咲く季節の花にやさしさを感じながら、太宰府天満宮・観世音寺・戒壇院から筑前国分寺跡までを巡ります。日本人の多くが、物質的豊かさのみを追い求めてきて、大切なものをどこかに置き忘れてきたようです。まほろばに吹く風は、人が生きるということの意味を、それとなく教えてくれるようです。

来訪者に静かな感動を与えてくれるそんな散策コースを用意しました。

行程マップ

観光コース1マップ

注意:九州歴史資料館は平成22年から小郡市に移転いたしました。

この記事に関するお問い合わせ先

観光推進課 電話番号:092-921-2121(代表) ファクス番号:092-921-1601
メールフォームでのお問い合わせ