桜紀行

観光ルート3-1

桜の画像

春の息吹を感じて…

桜紀行

コース 所要時間約 140分

コースおよび移動時間

  西鉄都府楼前駅=<10分>=御笠川(消防署裏―五条橋の川岸の桜並木)=<34分>=大宰府政庁跡(桜)=<15分>=市民の森(春の森・桜)=<20分>=岩屋城=<30分>=武藤資頼・資能の墓=<5分>=戒壇院=<1分>=観世音寺前バス停=<15分/まほろば号>=内山・竈門神社(桜)=<10分/まほろば号>=西鉄太宰府駅 計140分

【注意事項】

  • 観世音寺から西鉄:太宰府駅までの間は「まほろば号」で約5分
  • 乗り物を表示してあるもの以外は徒歩
  • 見学・観光の時間は含みません。

概要

  御笠川がさらさら流れると、まほろばの里に心うきうきするような美しい季節が始まります。桜前線が太宰府に辿りついたら、ぜひ岩屋城の桜を愛でてください。市民の森では芽吹きに春を感じてください。

行程マップ

観光ルート3-1マップ

注意:九州歴史資料館は平成22年から小郡市に移転いたしました。

この記事に関するお問い合わせ先

観光推進課 電話番号:092-921-2121(代表) ファクス番号:092-921-1601
メールフォームでのお問い合わせ