万葉歌碑一覧

1. ここにありて筑紫や何處(いづち) 白雲のたなびく山の方にしあるらし(巻4-574)

作者:大伴旅人

訳:ここ都にいて、はるかに眺めやれば、筑紫は何処であろう。あの白雲のたなびく山の方であるらしい。

万葉歌碑1号碑の画像

設置場所:九州国立博物館西側アクセス入り口

2. わか苑に梅の花散る 久方の天より雪の流れくるかも(巻5-822)

作者:大伴旅人

:わたしの園に梅の花が散っている。それとも天から雪が流れてくるのであろうか。

万葉歌碑2号碑の画像

設置場所:太宰府天満宮境内 だざいふゆうえんち入口(九州国立博物館入口横)

3. よろづよにとしはきふともうめのはな たゆることなくさきわたるへし(巻5-830)

作者:佐氏子首

:はるかな世までも年は来ては過ぎ去ってゆくが、梅の花は絶ゆることなく咲き続けることであろう。

万葉歌碑3号碑の画像

太宰府天満宮菖蒲池畔(北側)

4. 妹が見し楝の花は散りぬべし わが泣く涙いまだ干なくに(巻5-798)

作者:山上憶良

訳:妻が見た楝(せんだん)の花は、きっと散ってしまうだろう。妻を亡くした悲しみの涙がまだ消えないうちに。

万葉歌碑5号碑の画像

設置場所:大町公園

5. 春さればまづ咲く宿の梅の花 獨(ひとり)見つつやはる日暮さむ(巻5-818)

作者:山上憶良

訳:春になれば最初に咲くわが家の梅の花を一人見ながら春の日を暮らすことであろうか。

万葉歌碑6号碑の画像

設置場所:太宰府市役所前庭

6. しらぬひ筑紫の綿は身につけて いまだは著(き)ねど暖かに見ゆ(巻3-336)

作者:沙弥満誓

訳:筑紫の真綿はまだ身に着けて着てみたことはないけれど見るからに暖かそうであるよ。

万葉歌碑7号碑の画像

設置場所:観世音寺境内(講堂右池畔)

7. 瓜食めば子ども思ほゆ 栗食めばまして偲はゆ いづくより来たりしものそまなかひに もとなかかりて安眠(やすい)しなさぬ(巻5-802)(右)

反歌. 銀も金も玉も何せむに まされる宝子にしかめやも(巻5-803)(左)

作者:山上憶良

訳:(右)瓜を食べると、子どものことが思われる。栗を食べると一層子どものことが偲ばれる。
子どもはどこからきたものであろうか。眼前にむやみにちらついて安眠させてくれない。

(左)銀も金も珠玉も子どもの愛に比べれば何になろうか。どんな秀れた宝も子どもには及ばない。

万葉歌碑8号碑の画像

設置場所:観世音寺公民館前

8. 大君の 遠の朝廷(みかど)と あり通ふ 島門(しまと)を見れば 神代(かみよ)し思ほゆ(巻3-304)

作者:柿本人麻呂

訳:大君の遠く離れた政庁として通い続ける海峡を見ると神代の昔が思われる。

万葉歌碑28号碑の画像

設置場所:朱雀大橋付近

9. やすみししわご大君の食国(をすくに)は 倭(やまと)も此処も同じとそ思ふ(巻6-956)

作者:大伴旅人

訳:わが天皇が安らかにお治めになる国は大和もこの大宰府も同じであると思う。

万葉歌碑9号碑の画像

設置場所:大宰府政庁跡前(南側)

10. あをによし寧楽(なら)の京師(みやこ)は咲く花の 薫ふがごとく今さかりなり(巻3-328)

作者:小野老

訳:奈良の都は、咲く花が美しく薫るように、今がまっ盛りである。

万葉歌碑10号碑の画像

設置場所:大宰府政庁跡東側(大宰府展示館横)

11. 世の中は空しきものと知る時し いよゝますます悲しかりけり(巻5-793)

作者:大伴旅人

訳:世の中はむなしいものだとつくづく知る時、いよいよますます悲哀の感を新たにすることだ。

万葉歌碑11号碑の画像

設置場所:大宰府政庁跡裏(北側)

12. わが岡にさ男鹿来鳴く 初萩の花嬬問ひに来鳴くさ男鹿(巻8-1541)

作者:大伴旅人

訳:私の住む岡に牡鹿が来て鳴いている。今年初めての萩の花が咲き、牡鹿がやってきて妻問いをしていることよ。

万葉歌碑12号碑の画像

設置場所:坂本八幡宮境内

13. 正月(むつき)立ち春の来たらばかくしこそ 梅を招きつつ楽しき終へめ(巻5-815)

作者:大弐紀卿

訳:正月になり春がきたので、このように梅を招いて、楽しい日を過ごそう。

万葉歌碑13号碑の画像

設置場所:大宰府政庁跡西側

14. 大野山霧立ち渡るわが嘆く 息嘯(おきそ)の風に霧立ちわたる(巻5-799)

作者:山上憶良

訳:大野山に霧が立ち渡っている。私が亡き妻を想って吐く深い深い溜息で霧が立ちわたっている。

万葉歌碑14号碑の画像

設置場所:国分天満宮境内

15. 凡(おお)ならばかもかもせむを恐(かしこ)みと 振りたき袖を忍びてあるかも(巻6-965)(右)

ますらをと思へるわれや水くきの 水城のうえになみだ拭はむ(巻6-968) (左)

作者:(右)娘子(遊行女婦)児島、(左)大伴旅人

訳:(右)あたり前ならああもこうもしましょうものをおそれおおい方なので振りたい袖もがまんしているのです。
(左)しっかりとした男子と思っている私であるが別れとなるとこの水城の上で涙を拭うことであるよ。

万葉歌碑15号碑の画像

設置場所:水城跡東門そば

16. 秋の野に 咲きたる花を 指折り(およびおり) かき数ふれば 七種(ななくさ)の花(巻8-1537)

作者:山上憶良

訳:秋の野に咲いている花を、指を折って数えてみると七種類の花がある。

万葉歌碑26号碑の画像

設置場所:落合公園東側

17. 萩の花 尾花葛花 なでしこが花 をみなへし また藤袴 朝顔が花(巻8-1538)

作者:山上憶良

訳:萩の花、尾花、葛の花、なでしこの花、女郎花、さらに藤袴、朝顔の花
(いわゆる秋の七草を数え上げて詠んでいる。)

万葉歌碑27号碑の画像

設置場所:落合公園東側

18. いちしろくしぐれの雨は降らなくに 大城(おおきの)山は色づきにけり(巻10-2197)

作者:未詳

訳:時雨らしい時雨が降ったわけでもないのに、大城の山は、もはや色づいてきた。

万葉歌碑16号碑の画像

設置場所:歴史スポーツ公園内-入口広場手前

19. 妹が見し楝(あふち)の花は散りぬべし 吾が泣く涙いまだ乾(ひ)なくに(巻5-798)

作者:山上憶良

訳:妻が好んで見た楝の花はきっと散ってしまうことであろう。妻を失って私のなく涙はまだ乾かないのに。

万葉歌碑17号碑の画像

設置場所:歴史スポーツ公園内-大池外周遊歩道北東側

20. 筑紫なるにほふ子ゆゑに奥陸(みちのく)の 香取娘子(をとめ)の結ひし紐とく(巻14-3427)

作者:未詳

訳:筑紫にいる美しい子のために、陸奥のかとり少女の結んだ紐を解くことかな。

万葉歌碑18号碑の画像

設置場所:歴史スポーツ公園内-大池外周遊歩道西側

21. 湯原に鳴く芦鶴(あしたづ)は吾がごとく 妹に恋ふれや時わかず鳴く(巻6-961)

作者:大伴旅人

訳:湯の原で鳴いている鶴は、私のように妻を恋い慕うのであろうか。鳴きどおしに鳴いている。

万葉歌碑19号碑の画像

設置場所:歴史スポーツ公園内-大池外周遊歩道南側休憩広場

22. 橘の花散る里のほととぎす 片恋しつゝ鳴く日しぞ多き(巻8-1473)

作者:大伴旅人

訳:橘の花が散る里のホトトギスは独り恋い慕いながら鳴く日の多いことである。

万葉歌碑20号碑の画像

設置場所:歴史スポーツ公園内-しょうぶ園横

23. 銀(しろがね)も金(くがね)も玉も何せむに まされる宝子にしかめやも(巻5-803)

作者:山上憶良

訳:銀も金も宝玉もいったい何になろう。これら優れた宝も子に及びはしない。

万葉歌碑21号碑の画像

設置場所:歴史スポーツ公園内-展望広場西側万葉の散歩道

24. 古の七の賢(さか)しき人たちも 欲(ほ)りせしものは酒にしあるらし(巻3-340)

作者:大伴旅人

訳:昔の竹林の七賢人たちも好んで飲んだものは酒であるようだ。

万葉歌碑22号碑の画像

設置場所:歴史スポーツ公園内-展望広場北西側万葉の散歩道

25. 玉くしげ葦城(あしき)の川を今日みては 萬代までに忘らえめやも(巻8-1531)

作者:未詳

訳:清らかな葦城の川を今日見てのちは、万代までも忘れられないだろう。

万葉歌碑23号碑の画像

設置場所:歴史スポーツ公園内-展望広場

26. 梅の花散らくはいづく しかすがにこの城(き)の山に雪は降りつつ(巻5-823)

作者:伴氏百代

訳:梅の花が散るというのはどこであろう。それはそれとして、この城の山には雪が降りつづいている。

万葉歌碑24号碑の画像

設置場所:歴史スポーツ公園内-展望広場下南東側

27. 春の野に霧立ちわたり降る雪と 人の見るまで梅の花散る(巻5-839)

作者:田氏真上

訳:春の野に霧が立ち渡って、あれは降る雪かと誰もが見紛うほどに梅の花が散っている。

万葉歌碑25号碑の画像

設置場所:歴史スポーツ公園内-展望広場下東側

この記事に関するお問い合わせ先

観光推進課 電話番号:092-921-2121(代表) ファクス番号:092-921-1601
メールフォームでのお問い合わせ