季節ごとの魅力をご紹介!季刊「太宰府四季のたび」発行

悠久の歴史と豊かな自然が織りなす古都太宰府の魅力を、その季節ならではの視点でご紹介します。

多くの名所旧跡が魅せる四季折々の表情や、漂う古都の息吹きに心誘われたなら、ぜひ実際に太宰府のまちを訪れてみてください。

あなたにとって、特別な場所が見つかることでしょう。

やわらかい春の風が運ぶ

麗しい樟の香り

樟の若葉で萌える緑に染まる春あなただけの春を見つけに出かけませんか

 

ちょっとよりみちのコーナーでは、観世音寺エリアのカフェや雑貨店をご紹介。大宰府政庁跡や御笠川沿いの遊歩道では、お花見も楽しめますよ。

 

とっておきの太宰府の魅力を語ってもらうコーナー「だざいふファン」のコーナーでは、観世音寺住職の石田琳彰さんに観世音寺や太宰府の魅力について伺いました。観世音寺の宝蔵は地元の人もあまり知らない穴場。全てが重要文化財の仏像は見ごたえ十分で、その大きさに圧倒されます。

人々の祈りがつどう

冬の賑わいは

花の香りに満ちて

参拝とともに楽しめる、古式ゆかしい行事などをご紹介。

 

ちょっとよりみちのコーナーでは、水城・坂本・国分エリアのランチやお食事ができるお店をご案内。大切な人と足を運んでみては。

 

とっておきの太宰府の魅力を語ってもらうコーナー「だざいふファン」のコーナーでは、「梅花の宴」を再現し続ける、大宰府万葉会代表の松尾セイ子さんに太宰府と深いかかわりがある万葉の魅力について伺いました。

爽やかな秋風をまとい

艶やかな色彩に染められて。

秋の風情を感じる行事や季節の花情報をご紹介。

 

ちょっとよりみちのコーナーでは、五条エリアを中心にランチや軽食のお店をご案内。あなただけのお気に入りを見つけてください。

 

とっておきの太宰府の魅力を語ってもらうコーナー「だざいふファン」のコーナーでは、中学生の頃から日本語を学び、現在、太宰府にお住いの太宰府市国際交流員の金雅英さんに、韓国の人から見た太宰府の魅力や、驚きの共通点について伺いました。

バックナンバー

深みを増した大楠の緑に

悠久の時が流れて。

夏ならではの太宰府をご紹介。

 

ちょっとよりみちのコーナーでは、内山エリアから参道周辺をご案内 少し足を延ばしてカフェや雑貨屋めぐりはいかがですか?

 

とっておきの太宰府の魅力を語ってもらうコーナー「だざいふファン」のコーナーでは 太宰府天満宮の神職である高山博子さんに、太宰府天満宮でおすすめのパワースポットやご利益について伺いました。

瑞々しい生命の輝きの満ちて
新緑の太宰府天満宮。
太宰府の春の魅力をご紹介。

ちょっとより道のコーナーでは大宰府政庁跡や水城跡周辺の魅力的なお店をご案内。レンタサイクル、まほろば号を利用して太宰府を散策してみてはいかがですか?

とっておきの太宰府の魅力を語ってもらうコーナー「だざいふファン」のコーナーでは太宰府のガイド本「麗し太宰府」を出版したフリーライター前野りりえさんに太宰府の魅力について伺いました。

匂いたつ梅の香りが誘う
太宰府天満宮。
太宰府の冬の魅力をご紹介。

ちょっとより道のコーナーでは九州国立博物館や竈門神社周辺の魅力的なお店をご案内。レンタサイクル、まほろば号を利用して太宰府を散策してみてはいかがですか?

とっておきの太宰府の魅力を語ってもらうコーナー「だざいふファン」のコーナーでは竈門神社周辺で雑貨&カフェを営む仲良し姉妹に太宰府の魅力について伺いました。

錦彩なす艶やかな秋に訪ねる太宰府天満宮。
太宰府の秋を彩る花々や風情漂う伝統行事をご紹介。

ちょっとより道のコーナーでは観世音寺や大宰府政庁跡周辺の魅力的なお店をご案内。レンタサイクル、まほろば号を利用して太宰府を散策してみてはいかがですか?

とっておきの太宰府の魅力を語ってもらうコーナー「だざいふファン」のコーナーでは秋の太宰府を代表する行事「太宰府古都の光」、大宰府政庁跡会場の世話人である高橋夫妻に「古都」太宰府の魅力について伺いました。

風薫る、緑深まる天神の杜。
太宰府天満宮。
太宰府天満宮の夏を彩る花々や風情漂う伝統行事をご紹介。

ちょっとより道のコーナーでは恋愛成就のご利益があると評判の竈門神社周辺のお店をご案内。レンタサイクル、まほろば号を利用して太宰府を散策してみてはいかがですか?

郷土愛あふれる太宰府在住の方に、とっておきの太宰府の魅力を語ってもらうコーナー「だざいふファン」のコーナーでは宝満山弘有の会森弘子さんに宝満山の魅力について伺いました。

発行第8号の平成26年度(平成27年)・春号では、竈門神社や大宰府政庁跡など人気のお花見スポットをはじめ、太宰府の連綿と語り継がれる物語を紹介します。「太宰府ならでは」の魅力をご紹介します。

陽春の古都太宰府で、花咲く出会いがお待ちしています。

発行第7号の平成26年度・冬号は、「静」をテーマに新たな一年を迎える観世音寺や太宰府天満宮、雪化粧をした竈門神社を取り上げ、冬だからこそ出会える清々しい古都の魅力をご紹介します。

冬衣まとう“千年のまち”が、訪れる人を温かくお迎えします。

発行第6号となる平成26年度・秋号は、「彩」をキーワードに太宰府をやま・さいふまいり・しせきめぐりの3つの観光ルートを緑あふれる写真とともにご紹介します。

さわやかな空気のなか、彩りに満ちた古都大宰府を感じてください。

発行第5号となる平成26年度・夏号は、「涼」をキーワードに太宰府をやま・さいふまいり・しせきめぐりの3つの観光ルートを緑あふれる写真とともにご紹介します。

緑と風に包まれる生命力に満ちた太宰府を感じてください。

2014年(平成25年度)春号(PDF:3MB)

2013年(平成25年度)冬号(PDF:3MB)

2013年(平成25年度)秋号(PDF:9MB)

2013年(平成25年度)夏号(PDF:3MB)

 

配布場所

太宰府市役所:太宰府市観世音寺1-1-1

太宰府市民図書館:太宰府市観世音寺1-3-1

太宰府館:太宰府市宰府3-2-3

太宰府市観光案内所:太宰府市宰府2-5-1(西鉄太宰府駅内)

上記のほか、市内外の観光案内所や交通機関などに設置しています。

 

 

この記事に関するお問い合わせ先

観光推進課 電話番号:092-921-2121(代表) ファクス番号:092-921-1601
メールフォームでのお問い合わせ