7.菅原道真と太宰府天満宮

学問の家に生まれ、右大臣にまでのぼりつめた 菅原道真(すがわらのみちざね) でしたが、左大臣藤原時平の圧力によって 昌泰(しょうたい) 4年(901)、 大宰権帥に左遷されました。

大宰府での暮しは都とはうって変わって 侘(わび) しいもので、与えられた官舎(南館)は床も 朽(く) ち屋根は雨漏りするようなありさまでした。
そこで失意のうちに2年間を過ごし、 延喜(えんぎ) 3年(903)に亡くなります。 その遺骸を 牛車(ぎっしゃ) に乗せて運んでいたところ、牛が動かなくなり、そこに 埋葬しました。 その地が現在の太宰府天満宮であり、大宰府での住居・南館の地が現在の 榎(えのき) 社と伝えられています。

太宰府天満宮は、 安楽寺(あんらくじ) ともいいました。まず、延喜年中に 御廟(ごびょう) が建てられ、その後、大宰府官人として赴任した中央貴族たちによって次々と 堂宇(どうう) が 寄進建立(きしんこんりゅう) されて寺院の形が整えられていきました。
荘園を40ヶ 所以上持ち、平安時代の11世紀から12世紀にかけての頃が最盛期だったようです。

戦国時代、度々の戦乱に巻きこまれて社殿は焼き討ちにより焼損、一時荒廃しましたが、豊臣秀吉の時代、筑前国の領主になった 小早川隆景(こばやかわたかかげ) によって本殿が再建され、続く江戸時代も藩主黒田氏によって復興が行われました。

このようにして、菅原道真は文道・学問の神として人々の信仰を集め、今日に至っています。 

太宰府市の歴史トップページへ
 
   

この記事に関するお問い合わせ先

文化財課 電話番号:092-921-2121(代表) ファクス番号:092-921-3667
メールフォームでのお問い合わせ