1.大宰府の成立

大宰府が置かれた筑紫の地は、日本と大陸の接点に位置し、国内はもとより東アジア全体の動向を敏感に反映し、歴史上重要な役割を担ってきました。 後漢(ごかん) の 光武帝(こうぶてい) より「 漢委奴(かんのわのなのこくおう) 」の金印が与えられた奴国、女王 卑弥呼(ひみこ) が 一大率(いちだいそつ) を置いた 伊都(いと) 国など、弥生の昔より大陸との交渉の中心でした。 それは大和朝廷統一後も変りなく、 朝鮮半島の情勢を反映してますます重要さを増したことが、様々な歴史資料から伺えます。

660年、親交の深かった 百済(くだら) が唐・新羅に滅ぼされ、我国に助けを求めてきます。
これを受けて時の天皇、 斉明(さいめい) 女帝は自ら筑紫に下り、百済救援を指揮しようとします。 皇太子 中大兄皇子(なかのおうえのおうじ) 以下、朝廷を挙げて筑紫に下って来ますが、まもなく女帝は 朝倉橘広庭宮(あさくらのたちばなのひろにわのみや) で没し、663年朝鮮半島の 白村江(はくそんこう) の戦いで百済・ 日本連合軍は、唐・新羅軍に大敗を喫し、半島からの完全な撤退を 余儀なくされました。

そして唐・新羅に脅威を感じた日本は天智3年(664)対馬・壱岐及び筑紫に 防人(さきもり) と 烽(とぶひ) を置き、筑紫には大堤を築いて水を貯えた水城を造ります。翌年には、百済の亡命貴族を 遣(つか) わして大野・ 椽(き) の両城を築かせています。

このような防衛施設の大土木工事が次々と着手される中、これらに守られた地に「大宰府」が設置されたと考えられます。

正確な年号は不明ですが、大宰府跡の発掘調査の結果も、7世紀後半の掘立柱建物が下層から検出されるなど、この頃「大宰府」が 置かれたことを 示唆(しさ) しています。

太宰府市の歴史トップページへ

この記事に関するお問い合わせ先

文化財課 電話番号:092-921-2121(代表) ファクス番号:092-921-3667
メールフォームでのお問い合わせ