古代大宰府の客館跡に解説板を設置しました

西鉄二日市駅北側の操車場跡地(太宰府市朱雀3丁目)は、大宰府政庁跡から約1キロメートル南にあり、古代の外国使節を迎えるための「客館」にかかわると考えられる遺構と遺物が出土しています。

このたび現地に簡易な解説板を設けました。ここが遺跡だと西鉄電車からわかるようにもしています。

解説版の画像
電車から見える「古代の客館跡」の文字
説明版位置図
出土遺物写真

出土遺物(奈良三彩:壺)

出土遺物写真

(佐波理(さはり。新羅から輸入された高級食器)のさじ)

この記事に関するお問い合わせ先

文化財課 電話番号:092-921-2121(代表) ファクス番号:092-921-3667
メールフォームでのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。