大字太宰府(2)

高橋紹運墓(胴塚)

【登録番号】F0004
【所在場所】太宰府
【名称】高橋紹運墓(胴塚)
【通称】―
【文化遺産情報】天正14(1586)年に岩屋城で自害した高橋紹運を弔う墓。塚は南北294センチメートル、東西292センチメートル、総高115センチメートル(石垣部分90センチメートル)の大きさである。現在見る墓所の景観は江戸時代に形成されたもの。寛政6(1794)年7月27日、三池藩主立花出雲守種周が二百年祭を行い、同時に墓域の修理、熊本藩儒者薮愨の撰文を刻んだ碑の建立、福岡藩主黒田斉隆が墓所周囲に石柵を寄進した。

高橋紹運墓(胴塚)の画像と位置図
この記事に関するお問い合わせ先

文化財課 電話番号:092-921-2121(代表) ファクス番号:092-921-3667
メールフォームでのお問い合わせ