太宰府市民遺産の取り組み

文化遺産からはじまるまちづくり

大宰府跡画像

本構想は、本市の特徴である数多くの歴史的文化遺産を生かしたまちづくりを実現するため、市民、事業者、行政が協働・連携を図るための手立てや、新たな枠組みとして「太宰府市民遺産」を提唱し、文化遺産の保存と活用の方策を提案するものです。

この構想は、平成17年に策定した『太宰府市文化財保存活用計画』と平成23年に策定した『太宰府市遺産活用推進計画』の二つの計画から構成されます。

現在、太宰府市ではこの計画に基づいて、本市の素晴らしい文化遺産の保存、活用を図りながら、市民一人ひとりが日々生活の中で文化にふれることができ、後世に誇れるまちの実現をめざしています。

太宰府市民遺産とは

市民が未来の太宰府に残したいと思う太宰府の物語と、関連する文化遺産と、伝える活動とを合わせて「太宰府市民遺産」といい、太宰府市景観・市民遺産会議が認定をします。
現在、12 の太宰府市民遺産が認定されています。   

太宰府市民が、未来の市民に伝えたい「今」を見つめ直し、それを伝えていく自立的な活動とともに太宰府市民に納得してもらう場が、太宰府市景観・市民遺産会議です。

 太宰府市景観・市民遺産会議

太宰府市民遺産マーク(木うそ)

太宰府市民遺産ロゴ・マーク

太宰府市民が、未来の市民に伝えたい「今」を見つめ直し、それを伝えていく自立的な活動とともに太宰府市民に納得してもらう場が、太宰府市景観・市民遺産会議です。   

太宰府市景観・市民遺産会議ホームページ

太宰府市民遺産の提案方法

これまでの景観・市民遺産会議の開催について

この記事に関するお問い合わせ先

文化財課 電話番号:092-921-2121(代表) ファクス番号:092-921-3667
メールフォームでのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。