自転車を利用するみなさんへ

自転車利用者の過失によって事故を起こし、相手に重大な損失を与えた場合、高額な賠償金を請求されたり、有罪判決が出ることがあります

近年、自転車同士や、自転車と歩行者による交通死亡事故が発生しています。

これらの事故のほとんどは、自転車利用者が『交通ルールを知らない』『ルールを軽視して守らない』ことで発生しています。

中には、小学生が加害者となる事故により、約9,500万円の損害賠償を求められるなど、高額賠償事故も国内各地で発生しています。

この機会に、交通安全について考え、交通ルールの順守と交通マナーの向上を行い、悲惨な交通事故を無くしていきましょう。

知っていますか? 自転車安全利用五則

jitensya_syadou

(1)自転車は車道が原則、歩道は例外

自転車は「車両」です。

車道と歩道の区別があるところは車道通行が原則です。

左側走行

(2)車道は左側を通行

自転車は道路の左端に沿って通行しましょう。

自転車の歩道禁止

(3)歩道は歩行者優先で、車道寄りを通行

歩道は徐行して、歩行者の通行を妨げるおそれのある場合は、一時停止をしましょう。

自転車は夜間ライト点灯

(4)安全ルールを守る

夜間のライト点灯や2人乗り・飲酒運転・並進の禁止等のルールを守りましょう。

子どもはヘルメット着用

(5)子どもはヘルメットを着用

保護責任者は、子どもにヘルメットを着用させましょう。

この記事に関するお問い合わせ先
防災安全課 電話番号:092-921-2121(代表) ファクス番号:092-921-1601
メールフォームでのお問い合わせ