サポカー補助金制度について

サポカー補助金制度について

政府は令和元年12月13日に閣議決定し、令和2年1月30日に成立した令和元年度補正予算に、65歳以上の高齢運転者による衝突被害軽減ブレーキやペダル踏み間違い急発進抑制装置が搭載された安全運転サポート車を購入等を補助する「サポカー補助金」が盛り込まれました。

「サポカー補助金」は、高齢運転者の安全対策を行うことを目的として、衝突被害軽減ブレーキペダルや踏み間違い急発進等抑制装置が搭載された安全サポート車の導入等を促進するため、民間団体が実施する事業に対して補助金を交付するものです。

補助の対象については、令和元年度中に満65歳以上となる高齢運転者で、補助額は衝突被害軽減ブレーキ及びペダル踏み間違い急発進等抑制装置を搭載する車の補助金は、登録車が10万円、軽自動車が7万円、中古車が4万円となり、衝突被害軽減ブレーキ搭載する車のみの補助金は、登録車が6万円、軽自動車が3万円、中古車が2万円となります。

なお、実際の制度実施については、事業実施者により公表及び実施されました。

詳しくは下記のお知らせ、ホームページをご覧ください。

◆国土交通省からのお知らせ

◆福岡県からのお知らせ

◆一般財団法人 次世代自動車振興センター

この記事に関するお問い合わせ先
防災安全課 電話番号:092-921-2121(代表) ファクス番号:092-921-1601
メールフォームでのお問い合わせ