新型コロナウイルス感染症に関する人権相談窓口

電話による人権相談窓口

法務省の人権相談窓口

みんなの人権110番

新型コロナウイルス感染症による差別や虐待、パワーハラスメントなど、様々な人権問題についての相談を受け付ける相談電話です。詳しくは下記をご覧ください。

0570-003-110(平日午前8時30分から午後5時15分まで)

法務省ホームページ(みんなの人権110番)

子どもの人権110番

「いじめ」虐待など、子どもの人権問題に関する専用相談電話です。新型コロナウイルス感染症に関する子どもの「いじめ」についても対応します。

0120-007-110(平日午前8時30分から午後5時15分まで)

法務省ホームページ(子どもの人権110番)

外国語人権相談ダイヤル

日本に住む外国人の方専用の相談窓口です。

0570-090911(平日午前9時から午後5時まで)

法務省ホームページ(外国人人権相談ダイヤル)

 

インターネットによる人権相談窓口

法務省の人権擁護機関では、インターネットでも人権相談を受付けています。
専用の相談フォームに氏名や住所等を記入して送信すると、最寄りの法務局から後日、メールか電話又は面談により回答します。
 

相談はこちらから
(注意)パソコン、スマートフォン、携帯電話からご利用になれます。  

 

または下記ののQRコードをバーコードリーダーで読み込んで接続できます。
*QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

人権相談申込みバーコード

 

英語(English) 中国語(Chinese)での相談はこちら

法務省ホームページ(インターネット人権相談)

この記事に関するお問い合わせ先
人権政策課 電話番号:092-921-2121(代表) ファクス番号:092-921-1601
メールフォームでのお問い合わせ