不在住証明とはなんですか。

市が保存している住民記録に基づき、住民票や除票に記載されていないことを公証するものが「不在住証明」です。
太宰府市においては、住民記録は過去最長5年間の保存年限となっていますので、過去に記録があった方でも現在は記録が無ければ証明できる場合もあります。
この証明は、主に相続を証する書面の一部として利用されています。すなわち、この証明は、被相続人の登記簿上の住所が誤って登記されている場合、戸籍又は住民票によって被相続人の同一人性が直接には証明できないので、反対資料を提出することによって間接的に同一人性を疎明しようとするものです。
不在住証明はどなたでも請求することができます。市民課窓口で発行していますが、郵送でも請求することができます。請求方法など詳しい事は、市民課までお問い合わせください。

【手数料】 1通 300円
 

この記事に関するお問い合わせ先
市民課 電話番号:092-921-2121(代表) ファクス番号:092-921-1601
メールフォームでのお問い合わせ