令和元年度特定健診について

特定健診について

平成20年4月から始まった特定健診は、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の発見と予防・改善を目的とし、生活習慣病にならないために、いち早く異常を発見するための健診です。

40歳から74歳の国民健康保険加入者は年に一度、健康診査を受けることが定められています。「集団健(検)診」または「個別健(検)診」のどちらかを選んで受診しましょう。

自己負担額

40歳から69歳まで:1,000円
70歳から74歳まで:500円(75歳の誕生日の前日まで)

健(検)診料金(およそ8,000円から11,000円程度)から自己負担額を差し引いた額を市が助成しますので、お得です。

 

実施期間

令和元年6月1日(土曜日)から令和2年2月29日(土曜日)まで
(ただし集団検診は令和元年6月27日(木曜日)から令和2年2月4日(水曜日)までに31回実施します)

 

受診方法

特定健診の受診方法には「集団健診」と「個別健診」があります。

 

  • 集団健診は市が会場と日時を設定し、実施するものです。
    詳細はこちらの2019年度健康診査のご案内(PDF:1.7MB)をご確認ください。
  • 個別健診は指定の医療機関で実施するものです。直接医療機関に予約が必要な場合があります(詳しくは各医療機関にお問い合わせください)。指定医療機関は下記の一覧をご確認ください。

個別健診を受診する場合、今年度から受診券の発行申請をしていただく必要があります。詳しくは本ページの下部に記載している「受診券の取り扱いが変わります」をご確認ください。

 

2019年度(令和元年度)特定健診実施機関一覧

2019年度(令和元年度)特定健診実施医療機関一覧(PDF:520.8KB)

注意:一覧に掲載されている医療機関でも一部の項目について実施していない場合がありますので、必ず対象医療機関へご確認ください。

特定健診

対象となる人

 

  1. 太宰府市の国保加入者であること。
  2. 令和2年(2020年)3月31日現在40歳から74歳までの人。

注意:年度途中に75歳に到達する人は誕生日の前日までに受診をお願いします。
 

対象にならない人

  1. 妊産婦(妊娠中または産後1年以内の人)
  2. 病院または診療所において、6カ月以上の長期入院をしている人
  3. 養護老人ホーム、特別養護老人ホーム等の施設に入所している人

特定健診の内容について

特定健診の内容は下記の「ご案内」をご確認ください。

2019年度健康診査のご案内(PDF:1.7MB)

 

特定健診(集団検診)の申し込みがしやすくなります

集団検診の申し込み方法が3つからお選びいただけるようになりました

  1. 電話で申し込み 0120-992-663(平日9時から17時まで)
  2. インターネットで申し込み http://fs-localg.jp/dazaifu-city/ (24時間受付)
  3. ハガキで申し込み
    指定の申し込みハガキに必要事項を記入して締切日必着で送付してください。
    指定ハガキは5月1日号の広報に折込み、または市内公共施設に置く予定です。

 

予約はすべて予約センター(福岡県すこやか健康事業団)で受付を行います。(市役所や保健センターでは受付できません)

予約に関する問い合わせ(予約日の確認、キャンセル等)

【予約センター(福岡県すこやか健康事業団)】

電話 0120-992-663

所在地 839-8560 久留米市百年公園1番1号リサーチセンタービル事務所棟3階

 

個別健診の受診をご希望の場合は、実施医療機関に直接ご連絡ください。

予約センターでの受付はできませんので、ご了承ください。

令和元年度から受診券の取り扱いが変わります

集団検診を受診する場合、今年度から受診券を持参しなくても受診できるようになります(検診当日に持っていくものは予約後にお送りする問診票等の書類に記載していますので、事前に確認をお願いいたします)。

 

個別健診を受診する場合は、医療機関の窓口で受診券を提示する必要があります。

 

受診券等の当初発送について

昨年度までは、全ての特定健診対象者に「健康診査のご案内」「受診券」「集団検診申し込みハガキ」等を5月下旬に郵送していましたが、今年度から次のように変わります。

  1. 2018年度(平成30年度)に特定健診を受診した特定健診対象者
    5月の下旬に「健康診査のご案内」「受診券」「集団検診申し込みハガキ」をお送りします。
  2. 2019年度中(平成31年4月から令和2年3月)に40歳になる特定健診対象者
    5月の下旬に特定健診ご案内ハガキをお送りします。
  3. 2018年度(平成30年度)に特定健診を受診していない特定健診対象者
    5月の下旬に特定健診ご案内ハガキをお送りします。

  個別健診の受診を希望される場合、事前に受診券の発行申請が必要です。

 

【注意】

  • 2018年度(平成30年度)に特定健診を受診していない人には受診券をお送りしませんので、個別健診の受診を希望される場合、事前に受診券の発行申請が必要です。
  • 国保年金課(市役所1階4番窓口)または元気づくり課(保健センター:いきいき情報センター内)で申請するか、電話(電話番号921-2121)でお申し込みください。

特定健診と人間ドックの同時受診について

人間ドックを対象医療機関で受診する際に、特定健診と同時受診すると、特定健診の検査項目分の費用から自己負担額を引いた金額を市が助成します。同時受診ができる期間は令和元年6月1日(土曜日)から令和2年2月29日(土曜日)までです。

同時受診ができる医療機関は一覧表をダウンロードしてご確認ください(22医療機関)。

特定健診・人間ドック同時実施医療機関一覧表(PDF:42.7KB)

 

(例)人間ドックの費用が3万円、そのうち特定健診の検査項目に関する検査費用が9千円で、受診者の年齢が60歳だった場合。

 

【特定健診と同時実施した場合の計算例】

30,000円(人間ドック総額)-9,000円(特定健診分の金額)=21,000円・・・(1)

9,000円(特定健診分の金額)-8,000円(市助成額)=1,000(特定健診自己負担額)・・・(2)

(1)+(2)=22,000円・・・特定健診と同時実施した場合の自己負担額

 

人間ドック同時受診例

上記の金額は事例を紹介するもので、自己負担額を保証するものではありません。

人間ドックの金額は各医療機関で異なります。詳しくは受診する医療機関にお問い合わせください。

特定健診を受診していない人へのご案内について

 特定健診の対象者で受診または受診申し込みをしていない人に文書または電話で受診のお願いをさせていただく場合があります(対象者を抽出するタイミングで、申し込み済みの人に連絡させていただく場合がありますが、その場合はご容赦ください)。

 また、定期的に病院を受診されている人で、病院で受診された検査結果で特定健診の検査項目がそろっている人に、検査結果の情報提供をお願いする文書をお送りする場合があります。なお、情報提供には本人の同意及び医師の確認が必要です。また、情報提供は任意で強制ではありません。

 

情報提供のお願いについては下記のページもご覧ください。

未受診者医療情報収集事業について

個人情報の取り扱いについて

  1. 市は、健(検)診実施のため、申し込みされた人の情報を健(検)診実施機関へ提供します。
  2. 健(検)診結果は、健(検)診実施機関において保管するとともに、市へ報告されます。
  3. 市では結果をコンピュータに登録し、今後の保健指導や統計データとして活用します。
  4. 健(検)診結果をもとに、市保健師等の専門職が電話や訪問等を行う場合があります。
  5. 受診勧奨実施のため、特定健診対象者の情報を委託事業者に提供する場合があります。
この記事に関するお問い合わせ先
国保年金課 電話番号:092-921-2121(代表) ファクス番号:092-921-1601
メールフォームでのお問い合わせ