高額療養費の外来年間合算(70歳から75歳未満の方)について

外来年間合算とは

毎年8月1日から7月31日までの1年間にかかった外来の自己負担額を個人単位で合算し、年間上限額を超えた場合に、その超えた金額を支給することで医療費の負担を軽減する制度です。70歳以上の方の高額療養費の月額の自己負担減限度額が引き上げられたことに伴い、年間を通して外来療養を受けている方の負担が増えないよう、新たに設けられました。

支給対象者について

支給対象となられた場合(本市国保加入期間のみで外来の自己負担額が14万4千円を超えたことが分かる方)は、毎年12月から1月頃にご案内を世帯主の方へ送付します。

対象者:基準日時点での所得区分が「低所得1」、「低所得2」、「一般」世帯の方

基準日:毎年7月31日

計算期間:毎年8月1日から7月31日までの1年間

年間上限額:14万4千円

計算方法について

・計算対象となる医療費は外来診療分のみです。

・70歳以上の方の自己負担額を個人単位で合算します。

・月ごとの高額療養費の支給を受けることができる場合は、自己負担額からその支給額を除きます。

・計算期間中に月ごとの高額療養費が発生している場合は、原則、そちらを支給後に外来年間合算の支給を行います。

・計算期間内に他の医療保険(他市町村での国民健康保険も含む)から本市の国民健康保険に移られた場合は、以前加入されていた医療保険の窓口で自己負担額証明書の申請が必要です。

 

 

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ先
国保年金課 電話番号:092-921-2121(代表) ファクス番号:092-921-1601
メールフォームでのお問い合わせ