2017年度の人権講座「ひまわり」のご案内

人権とは、私たちが生きていく中で無関係などこか遠くの問題ではなく、
全ての人間が人間らしく生きるうえで欠かせない、だれもが幸せに生きていくための権利であり、
人が生まれながらにもっている人権は侵すことも、侵されることもありません。

しかしながら、法務省が「平成26年度啓発活動年間強調事項」17項目をあげているように
同和問題をはじめ、女性問題、障がい者問題、外国人問題、元ハンセン病患者の人権
子どもの人権等々、現に不当に人が傷つく差別事象は発生しています。

本市もあらゆる啓発事業をとおして、すべての差別の解消を目指して取り組んでいます。
あなたも人権問題を一人ひとりの課題としてとらえ、差別の現実を知るだけではなく
「差別をなくす人」となるために「人権講座ひまわり」に参加してみませんか?

事前の申し込み(電話もしくはハガキにて)が必要ですが、当日参加も可能です。
お気軽にお問い合わせください。

【例年からの日程の一部変更のお知らせ】

例年 開催日程は 夜講座は8月~12月の第1金曜日、昼講座は、11月の第3日曜日の定例開催としておりましたが、一部日程・曜日の変更を行っております。ご注意ください。

各講座の日程・内容詳細につきましては、チラシをご覧ください。

人権講座ひまわり2017 案内チラシ(PDF:1.1MB)

人権講座ひまわり2017チラシ

 

 

 

人権講座ひまわり2017講座内容
日時 場所 内容

8月 3日 (木曜日)
19時~21時

太宰府市南隣保館


【演題】
戦争の記憶をどう伝えるか
~原爆朗読劇「母と子の写真集2」を通して~

【講師】
河野 敏生(かわの としお)さん
(那珂川北中学校 教諭)

9月 1日 (金曜日)
19時~21時

太宰府市南隣保館


【演題】
語られなかった「水俣病】
~公式確認から60年経ったいま、考える~

【講師】
永野 三智(ながの みち)さん
(水俣病センター相思社 常務理事)

10月 6日(金曜日)
19時~21時

太宰府市立 学業院中学校

体育館

【演題】
インターネット社会と子どもの人権


【講師】
古野 陽一 (ふるの よういち)さん (NPO法人子どもとメディア 専務理事)

11月 2日(木曜日)
19時~21時

太宰府市南隣保館

【演題】
水平社宣言と山本作兵衛コレクション
~世界記憶遺産化の取り組みを通して~

【講師】
森山 沾一(もりやま せんいち)さん
(福岡県人権研究所 理事長)

11月 12日(日曜日)
14時~16時

福岡県立太宰府特別支援学校

【演題】
色んな人がいるから面白い
~障がい者がイキイキと働いている理由~


【講師】
那波 和夫(ななみ かずお)さん
(株式会社障がい者つくし更生会 専務取締役)

12月 8日(金曜日)
19時~21時

太宰府市南隣保館



【演題】
すべての子どもが輝くために
~子どもの背景を見つめて~

【講師】
染原 レイ子(そめはら れいこ)さん
(子どもの習・活支援教室からーぼっくす 理事長)

 

この記事に関するお問い合わせ先

社会教育課 電話番号:092-921-2121(代表) ファクス番号:092-921-3667
メールフォームでのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。