四種混合ワクチン一部製品の自主回収に伴うお知らせ

四種混合ワクチン一部製品の自主回収に伴う抗体検査及び追加接種について

現在、四種混合ワクチンの一部ロットについて自主回収が行われています。

該当するワクチンを接種した方で、希望される場合は、抗体検査を無料で受けることが出来ます。接種したワクチンの種類は、母子健康手帳の予防接種履歴を確認してください。

対象となるワクチンは一般財団法人阪大微生物病研究会が製造する四種混合ワクチン(テトラビック皮下注シリンジ)で、四種(百日せき、ジフテリア、破傷風、ポリオ)のうち、ポリオウイルスに対する有効成分の量が、有効期間内に承認規格を下回ったことから、自主回収を行っています。

当該ロット製品については、安全性に影響があったとする報告はなく、当該ロット製品と同等の有効成分量を持つワクチンを使用した場合でも、十分な抗体を獲得することが臨床試験において確認されています。

上記を踏まえたうえで、製品の有効性に不安を感じられるような場合、希望される方は抗体検査を受けることが出来ます。また抗体検査の結果、医師によりポリオの追加接種が必要と判断された場合には、不活化ポリオワクチンの追加接種が可能となります。

当該ロット製品

 

当該ロット製品
製造番号 製造年月日 有効期限
4K23A 2017年3月9日 2019年6月8日
4K23B 2017年3月10日 2019年6月9日
4K23C 2017年3月11日 2019年6月10日
4K24A 2017年5月10日 2019年8月9日
4K24B 2017年5月11日 2019年8月10日
4K24C 2017年5月12日 2019年8月11日

抗体検査について

・抗体検査の費用は無料です。

・四種混合ワクチンの定期接種が途中のお子様は、4回接種後4週以降に抗体検査を実施されることをお勧めしています。(検査結果の評価や今後の定期接種スケジュールへの影響を回避するため)

・検査は医療機関で行い、結果も医療機関に届きます。

追加接種について

・抗体検査の結果、医師によりポリオの追加接種が必要と判断された場合には、無料で不活化ポリオワクチンの追加接種が可能です。

詳細

四種混合ワクチン(テトラビック皮下注シリンジ)に関するお知らせ(PDF:336.6KB)