友好都市の紹介

奈良県奈良市

友好都市締結年月日

平成14年6月27日


友好都市締結の経緯

本市と奈良市とのつながりは古くは奈良時代までさかのぼり、「大宰府」が当時の都である奈良・平城京の九州統治と大陸との外交をつかさどる役所として設置されたことによります。現在では共に、大都市近郊の観光都市・住宅都市であること、また、史跡地や文化財の保存活用のほか、共に国立博物館を持つ都市という共通の特性を持っています。
このような歴史的背景、共通点を契機に平成14年6月27日奈良市と友好都市盟約を締結しました。

平城京跡

宮城県多賀城市

友好都市締結年月日

平成17年11月21日


友好都市締結の経緯

古代の大宰府は、「遠の朝廷」として西海道(九州)そして大陸に向けた外交や防衛の拠点でしたが、東北地方で同じような役割をもったもう一つの「遠の朝廷」が、蝦夷を平定し陸奥・出羽国を治めた国府「多賀城跡」として現在の宮城県多賀城市に残っています。
また、万葉歌人大伴家持が大宰府で活躍した後、晩年になって鎮守府将軍として多賀城に赴任したという経緯もあり、大宰府も多賀城も万葉文化の花開いた土地であるという共通点も持っています。
さらに、現代の町の機能としても、大都市のベッドタウンとして、歴史と緑あふれる文化の香り高いまちづくりに取り組んでいる共通点もあります。
歴史的に関係が深く、共通点の多い太宰府市と多賀城市が市民をはじめさまざまな交流を通して、先人たちの学術・芸術・技術の枠である文化財に学び、魅力ある個性豊かなまちづくりを推進するうえで、友好都市の締結はたいへん意義深いものであることから、平成17年11月21日多賀城市と友好都市の締結をしました。

多賀城跡

大分県中津市

友好都市締結年月日

平成26年11月23日


友好都市締結の経緯

太宰府市と旧耶馬溪町(現中津市)とは、昭和61年の耶馬溪ダム記念公園(溪石園)建設工事(昭和62年完成)に太宰府市の平島園芸が従事され、それを機に当時太宰府市長が耶馬溪町をたびたび訪問し、耶馬溪町長と親交が生まれ平成4年9月26日に友好都市の締結に至りました。
平成17年に耶馬溪町は中津市に編入合併された後においても民間の交流は続いており、このような経緯を踏まえ、これまで培ってきた友好関係を継承し、新たな交流や支援を通じて相互の信頼と理解を一層深めるために平成26年11月23日中津市と友好都市承継盟約を締結しました。

一目八景
この記事に関するお問い合わせ先

国際・交流課 電話番号:092-921-2121(代表) ファクス番号:092-921-1601
メールフォームでのお問い合わせ