太宰府まほろば絵巻金掛けの梅

昔、作物が取れず、食べ物に困っている人がたくさんいました。
そ こで米屋の主人が困っている人達を助けました。
ところが、米屋の主人も食べるものに困るようになってしまいました。
そこで、庭の天神にお祈りしました。
ある夜、枕元に 白髪(はくはつ) の老人があらわれ、黄金の入った袋を梅の木に掛けて、
「これより、この家は再び栄えるであろう 」と告げて姿を消しました。
翌朝、主人が不思議な夢をみたものだ、 と 庭の梅の木を見ると、 お告げどおり 黄金の入った袋がかかっていました。
それから再び家業がさかんになり、おおいに栄えたと言われております。
その後、その梅の木は「 金掛(かねか) けの梅」と呼ばれ、傍らの 祠(ほこら) には天神様を祀り「 金掛天神(かねかけてんじん) 」 として大切にしました。


太宰府まほろば絵巻トップに戻る

この記事に関するお問い合わせ先
経営企画課 電話番号:092-921-2121(代表) ファクス番号:092-921-1601
メールフォームでのお問い合わせ