太宰府まほろば絵巻梅ケ枝餅とおばあさん

無実の罪で太宰府に 左遷(させん) された 菅原道真(すがわらのみちざね) は、あるとき 命を狙われ 麹屋(こうじや) に逃げ込みました。
その家のおばあさんは 道真(みちざね) をもろ 臼(うす) の中に隠し、その上に洗ったばかりの 腰巻(こしまき) をかぶせ、 道真(みちざね) を助けました。
その後もおばあさんは不自由な暮らしをする 道真(みちざね) のお世話をしたといいます。
その時、餅に梅の 枝(えだ) を添えて差し入れしました。
それが今に伝わる 梅ヶ枝餅(うめがえもち) のおおもとなのです。

「太宰府の説話・伝説」より引用


太宰府まほろば絵巻トップに戻る

この記事に関するお問い合わせ先
経営企画課 電話番号:092-921-2121(代表) ファクス番号:092-921-1601
メールフォームでのお問い合わせ