地名と由来

「太宰府」と「大宰府」

「大宰府」は、古代律令制下(奈良・平安時代)において、特に九州の位置的重要性を考え置かれた役所で、平安時代には、和名では オオイミコトモチノツカサ と読ませています。これは、「天皇の命を受けて政治をする役所」という意味で、この場合「大宰府」という点のない字をあてます。しかし、点を付けたものが歴史的に間違いだったかというと一概にそうともいえません。

「ダザイフ」に点をいれることは、平安時代の古文書にすでにみられ、中世文書では時代が経過するに従い「太」を使っているものの方が「大」のものよりも多くなり、近世に至ってはそのほとんどが「太宰府」となっています。
太宰府と大宰府

地名の読み方と由来

区分 地名 読み方 由来
大字 通古賀 とおのこが ここに筑前国衙があったから、といわれている。
大字 観世音寺 かんぜおんじ かつての西海道第一の官寺「観世音寺」に由来する。
大字 国分 こくぶ 8世紀半ば、筑前国分寺・国分尼寺がここに建てられた。
大字 北谷 きただに 宝満山の太宰府市域の北側の谷
行政区 松川 まつごう  
町名 宰府 さいふ  
町名 都府楼 とふろう  
町名 白川 しらかわ  
大字・町名 水城 みずき  
大字・町名 大佐野 おおざの  
大字・町名 向佐野 むかいざの  
大字・町名 吉松 よしまつ 博多の港に入る船にとって、良い目標となる大きな松の木があったことから名付けられたという。
小字・町名 連歌屋 れんがや 今の宰府三丁目の町筋で、鎌倉時代末から江戸時代末まで、連歌の会所があった。
小字・町名 朱雀 すざく  
小字 愛獄 おだけ  
小字 関屋 せきや 刈萱伝説で有名な刈萱の関があった。
ホノケ 四王寺 しおうじ 山上に大宰府鎮護の四王寺(四王院)が造られ、東西南北の峰にそれぞれ持国天、広目天、増長天、多聞天を祀ったことに由来する。
ホノケ 小鳥居小路 ことりいしょうじ 安楽寺天満宮の別当、小鳥居家の屋敷があった。
ホノケ 洗出 あらいだし 国分大谷から砂が流れ出てできた土地だという。
出典:太宰府市史「民俗資料編」P1101から


ホノケとは・・・小字より小さい地区(場所)をホノケと総称します。特定の場所ごとにそれぞれ具体的な名前があります。