人権相談窓口

人権に関する悩みごとの相談先

ひとりで悩まずにご相談ください

差別、いじめ、嫌がらせ等、人権に関する問題でお困りの場合は、相談してください。

 

電話で相談

電話は、おかけになった場所の最寄りの法務局・地方法務局につながります。
相談は、法務局職員又は人権擁護委員がお受けします。
秘密は厳守します。
電話受付時間: 平日8時30分から17時15分まで 

みんなの人権110番

0570-003-110(常設相談)全国共通人権ダイヤル
差別や虐待、パワーハラスメントなど、様々な人権問題についての相談を受け付ける相談電話です。なお、特設相談等もあります。

詳しくは法務省ホームページをご覧ください。

 

子どもの人権110番

0120-007-110(全国共通・無料)

「いじめ」 虐待など 子どもの人権問題に関する専用相談電話です。
学校で「いじめ」を受けて学校に行きたくない、親から虐待されている、でも先生や親には言えない・・・。誰に相談していいか分からない・・・。もしもそんな苦しみを抱えていたら、一人で悩まずに、私たちにお電話ください。どうしたらいいか一緒に考えます。
詳しくは法務省ホームページをご覧ください。

 

女性の人権ホットライン

0570-070-810(全国共通ナビダイヤル)
配偶者・パートナーからの暴力やセクシュアル・ハラスメント等、女性の人権問題に関する専用相談電話です。
詳しくは法務省ホームページをご覧ください。

 

インターネットで相談(24時間受付)

人権相談受付窓口があります。パソコンや携帯電話から、インターネットを利用して、いつでもアクセスでき、相談を行うことができます。
相談フォームに氏名、住所、年齢、相談内容等を記入して送信すると、最寄りの法務局から後日、メール、電話又は面談により回答します。お気軽にご相談ください。 
詳しくは法務省ホームページをご覧ください。

 

手紙で相談:子どもの人権SOSミニレター

「いじめ」 親からの虐待など 先生や保護者にも話せない悩みごとのご相談に応じ 解決に導きます。
全国の小学校・中学校の児童・生徒に「子どもの人権SOSミニレター(便箋兼封筒)」を配布しています。
悩みや困っていても、教師や保護者、友達や周りの大人に相談できないときは、手紙を書いてください。
「子どもの人権SOSミニレター」に相談したいことを書いて、裏面の封筒部分を切り取り、便せん部分を入れてポストに投函すると、最寄りの法務局・地方法務局に届きます。
切手は必要ありません。
人権擁護委員や法務局職員が、希望する連絡方法(手紙や電話)で返事をします。
詳しくは法務省ホームページをご覧ください。

 

面接で相談

常設人権相談

福岡法務局筑紫支局にて、職員や人権擁護委員が相談を受けています。(土曜日、日曜日、祝日を除く)、
福岡法務局筑紫支局の電話番号:092-922-2881または0570-003-110全国共通電話(ナビダイヤル)

弁護士による無料法律相談(法テラス)

福岡法務局筑紫支局および筑紫人権擁護委員協議会では、日本司法支援センター(法テラス)の協力で、月1回、弁護士による無料法律相談所を開設しています。
詳しくは、下記リンク先をご覧ください。

 

定例人権(悩みごと)相談

市役所にて、人権擁護委員によ人権に関する相談を受け付けています、。
詳しくは下記リンク先をご覧ください。

 

外国人のための人権相談

日本語を自由に話せない外国人のために 英語や中国語などの通訳を配置して 全国10か所の法務局・地方法務局で開設しています。
開催場所、開催日時など、詳しくは法務省ホームページをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

mamoruayumi

人KENまもるくん・人KENあゆみちゃん

この記事に関するお問い合わせ先
人権政策課 電話番号:092-921-2121(代表) ファクス番号:092-921-1601
メールフォームでのお問い合わせ