2019年度「人権講座ひまわり」の報告

人権講座ひまわりは、平成9年度にスタートし、今年で23回目を迎えました。

8月から12月の第1金曜日の夜講座(19時から21時まで 太宰府市南隣保館、プラム・カルコア太宰府)に加えて、11月は昼講座(14時から16時まで)を太宰府特別支援学校にて行っております。

あらゆる人権問題の根っこに共通して存在する「差別」に気付き、「差別」をなくす、一人ひとりの行動へとつながることを目的とした「学びの場」となっています。みなさんの参加をお待ちしております!

なお講座では、手話通訳、要約筆記、託児(2歳から就学前児童まで)があります。ご希望の方は事前にご連絡ください。

 

ひまわりのイラスト

人権講座ひまわり 報告一覧表

第1回 <演題>西鉄筑紫駅に残る戦争の記憶~銃撃事件から74年~   

           <講師>草場 啓一さん(筑紫野市歴史博物館)

                        相戸 力さん、赤司 孝子さん、首藤 文章さん(筑紫駅惨劇の記憶を残す会)

日時・場所・参加者数
8月2日(金曜日)19時から20時45分 南隣保館にて 138名

jinkenkouzahimawari201908021jinkenkouzahimawari20190802

人権講座ひまわり第1講となる8月は「反戦・平和」を考える節目の月として、1945年8月8日11時30分過ぎ、西鉄筑紫駅に近づく約300人余りの乗客を乗せた列車が米軍機により銃撃を受けた事件から「反戦・平和」を考える人権講座を開催しました。

講師として、西鉄筑紫駅銃撃事件を調査・研究された筑紫野市歴史博物館 技師の草場 啓一さん。体験者の方へ聞き取りを行われ、「語り継ぐ筑紫駅惨劇の記憶」冊子を作成・発行された、筑紫駅惨劇の記憶を残す会の相戸 力さん、赤司 孝子さん、首藤 文章さんをお招きしました。

身近で起きた戦争の記憶を残した地元の方のこと、実際に体験された方からの恐怖、悲しみ、平和への願い、そして地元で起きた戦争の悲劇を語り継ぎ「この惨劇を二度と繰り返してはいけない」という強い思いをご講話いただきました。

参加者からは、平和をつないでいくことの大切さ、そのために伝えていくこと、忘れないことなど、自分自身に何ができるかを考える旨の感想が多くありました。

感想、自分にできること、印象に残っていること等を一部ご紹介します。

・自分が住んでいる地域の近くであった戦争の話はあまり聞いたことがありませんでした。苦しまれた人々の思いや願いを知ることができました。貴重な機会でした。

・当時の方々の話、DVDが印象的に残りました。心が押しつぶいされそうでした。決して再び残らないよう(おこらないよう)伝えていくことが大切だと改めて思いました。

・米軍機からの映像が印象的でした。姉を亡くされた方のお話など、とてもつらい内容でしたが、証言をしていただくことで、知ることができました。ありがとうございます。

・事実を知ることで、いかに戦争がむごいことかを考えることができます。「知らせる」ことの大事さを痛感しました。

・体験された方が「戦争はみじめ」といっておられたのがとても悲しく、印象的でした。九州が、もし占領されていたら、自分はここにいないかもと思い、こわいなとおもいました。

・地元の方々が駅舎を残す取り組みをしてくださったり、たくさんの証言を集めてくださった方がいてくださったから、こうして私たちは知ること、学ぶことができているのですから、そういう方々に心から感謝したいと思います。

・西鉄筑紫駅の真実を聞けたことが今日の学びです。勤めているこんな近くで、現実にこのようなことが起きたこと、絶対に知るべきだと思います。今の子どもたちに伝えていく必要があると強く思いました。

・「平和が一番ええ…」と最初の映像の中で言われた言葉、とても重みを感じました。私たちが今こうやって元気に楽しく生活できているのは、“平和”があってこそだと思います。今の私たちがこの平和を守っていかなければならないと強く思いました。

この記事に関するお問い合わせ先

社会教育課 電話番号:092-921-2121(代表) ファクス番号:092-921-3667
メールフォームでのお問い合わせ