児童の虐待相談

虐待から子どもを守るために

児童虐待防止の取組みには、地域のみなさんの関心と理解が必要です。児童虐待は、子どもに対する暴力だけではなく、衣食住の世話が極端に不適切だったり、心を傷つけるような言動も含まれます。お住まいの地域や職場などで、虐待の疑いがある児童や家庭を見つけたら、速やかに連絡してください。あなたの1本のお電話で救われる子どもがいます。

 

児童虐待とは

児童虐待の種類

身体的虐待

殴る、ける、叩く、投げ落とす、激しく揺さぶる、やけどを負わせる、

溺れさせる など

性的虐待

子どもへの性的行為、性的行為を見せる、ポルノグラフィの被写

体にする など

ネグレクト

家に閉じ込める、食事を与えない、ひどく不潔にする、自動車の

中に放置する、重い病気になって病院に連れて行かない など

心理的虐待

言葉による脅し、無視、きょうだい間での差別的扱い、

子どもの目の前で家族に対して暴力をふるう(DV) など

 

虐待を見つけたら

虐待かもと思ったらすぐにお知らせください。

知らせること(通告)は、子どもを守り、ひいては子育てに悩んだ末に虐待してしまう親(保護者)をも救うことにもなるのです。

「おかしい」と感じたら、迷わず電話または窓口へ通告してください。

お知らせいただいた内容が、結果的に誤りだったとしても、お知らせ(通告)いただいた方の責任は問われません。通告は匿名で行うことも可能です。

連絡先

  • 児童相談所全国共通3桁ダイヤル 189
  • 福岡県福岡児童相談所 092-586-0023
  • 子育て支援センター 092-919-6001
  • 家庭児童相談室 092-924-0084

 

この記事に関するお問い合わせ先

元気づくり課 子育て支援センター 〒818-0125 福岡県太宰府市五条三丁目7番1号 電話番号:092-919-6001 ファクス:092-919-6016
メールフォームでのお問い合わせ