固定資産税とは?

固定資産税は、毎年1月1日(「賦課期日」といいます。)に、土地、家屋、償却資産(これらを総称して「固定資産」といいます。)を所有している人がその固定資産の価格をもとに算定された税額をその固定資産の所在する市町村に納める税金です。

固定資産税を納める人(納税義務者)

固定資産税を納める人は、原則として固定資産の所有者です。具体的には、次のとおりです。

土地・家屋

登記されているもの

土地登記簿又は建物登記簿に所有者として登記されている人

登記されていないもの

土地補充課税台帳又は家屋補充課税台帳に所有者として登録されている人

償却資産

償却資産課税台帳に所有者として登録されている人
注意:納税義務者がなくなられた場合は、「 納税管理人の設定 」をご覧ください。

固定資産税の対象となる資産

土地、家屋及び償却資産が固定資産税の対象となります。

税金のあらまし

評価額を決定し、その評価額をもとに課税標準額を算定します。
土地・家屋については総務省が定めた「固定資産評価基準」により、償却資産については所有者からの申告により、評価額を決定します。

税額の計算方法

課税標準額×税率(1.4%)

免税点

所有者ごとに、土地、家屋及び償却資産それぞれの課税標準額を合計した額が次の金額に満たない場合、固定資産税は課税されません。

免税点
区分 課税標準額
土地 30万円
家屋 20万円
償却資産 150万円

資産の評価額、税額等を記載した「納税通知書」を所有者あてに送付します。

毎年4月上旬に発送しますので、納期限にしたがって納付してください。

納期限
期別 納期限
第1期 4月末日
第2期 7月末日
第3期 9月末日
第4期 12月25日

【注意事項】

  • 土曜日、日曜日、祝日 の場合は、金融機関の翌営業日
  • 上記の納期限は市町村によって異なりますので、他の市町村に資産をお持ちの場合は、その市町村に直接お尋ねください。
この記事に関するお問い合わせ先
税務課 電話番号:092-921-2121(代表) ファクス番号:092-921-1601
メールフォームでのお問い合わせ