固定資産課税台帳の縦覧・閲覧

縦覧

縦覧とは、固定資産税の納税者が、その所有する土地(家屋)の価格が適正であるかどうか、他の土地(家屋)の価格と比較することができるようにするための制度です。以下の期間、固定資産税の納税者は、土地(家屋)価格等縦覧帳簿を見ることができます。
注意:市内に土地をお持ちの方は土地について、家屋をお持ちの方は家屋についての縦覧帳簿を閲覧できます。

縦覧
期間 4月1日から第1期納期限日まで(ただし、土曜日・日曜日・祝日は除きます)
時間 9時から17時
場所 太宰府市役所 2階 税務課固定資産税係 窓口
手数料 不要
対象者 固定資産税の納税者
持ってくるもの

来庁者の身分証明書。

代理人の場合は、納税者の委任状(原本)の提出が必要。そのほか戸籍謄本などが必要な場合がある。

納税管理人または同一世帯の親族の場合は、納税通知書を持参された場合、委任状は不要。

閲覧

納税義務者または借地借家人の方が、固定資産課税台帳に登録されている自分の資産(もしくは借りている資産)についての登録事項を閲覧できる制度です。年間を通して閲覧できます。

閲覧
期間 通年(ただし、土曜日・日曜日・祝日は除きます)
時間 8時30分から17時
場所 太宰府市役所 2階 税務課固定資産税係 窓口
手数料

1回300円。

ただし、納税義務者又はその代理人の場合は、名寄帳の閲覧となるため用紙代1枚につき10円。さらに、縦覧期間中は無料。

対象者
  1. 納税義務者
  2. 賃借権その他その使用または収益を目的とする権利(対価が支払われるものに限る。)を有する者
  3. 固定資産の処分をする権利を有する者として地方税法施行規則第12条の4で定める者【表外注釈を参照】
必要なもの

来庁者の身分証明書。

権利を有する者の場合は、権利関係がわかる書類。

代理人の場合は、納税義務者の委任状(原本)の提出が必要。そのほか戸籍謄本などが必要な場合がある。

納税管理人または同一世帯の親族の場合は、委任がなされているとみなすため、委任状は不要。

【注】地方税法施行規則第12条の4で定める者

  • 所有者(賦課期日後に固定資産を取得したもの)
  • 破産法第74条の規定により破産管財人に選任された者及び同法第91条第2項の規定により保全管理人に選任された者
  • 会社更生法第30条第2項の規定により保全管理人に選任された者及び同法第42条第1項の規定により管財人に選任された者
  • 預金保護法第77条第2項の規定により金融整理管財人に選任された者及び同法第126条の5第1項の規定による特定管理を命ずる処分があつた場合における預金保険機構
  • 農水産業協同組合貯金保険法第85条第2項の規定により管理人に選任された者
  • 保険業法第242条第2項の規定により保険管理人に選任された者
  • 金融機能の再生のための緊急措置に関する法律第11条第2項の規定により金融整理管財人に選任された者
  • 民事再生法第64条第2項の規定により管財人に選任された者及び同法第79条第2項の規定により保全管理人に選任された者
  • 外国倒産処理手続きの承認援助に関する法律第32条第2項の規定により承認管財人に選任された者及び同法第51条第2項の規定により保全管理人に選任された者
この記事に関するお問い合わせ先
税務課 電話番号:092-921-2121(代表) ファクス番号:092-921-1601
メールフォームでのお問い合わせ