市税を滞納すると

税金は、その定められた納期限までに納めなければなりません。
納期限までに納付できない場合、納期限内に納められた納税者と比較して、非常に不均衡となります。
このため、納期限までに納めなかった場合には、 延滞金 が徴収されることとなります。
また、督促及び催告などを行っても納付をしない滞納者に対しては、市として、厳正に対処していきます。

 

1.督促

納期限後、20日以内に督促状を送付

 

2.催告

督促状を送付しても、納付がない場合

(1) 一斉に催告状発送
(2) 担当者が滞納明細書、警告書、差押予告書等を発送

 

3.財産調査

徴税吏員による滞納者の財産の調査

 

4.滞納処分

納付もなく、相談にも応じない場合、滞納処分(差押)を執行します。
この差押を受けると、所有する財産を法律上又は事実上、処分することができなくなります。

差押財産例と処分による制限
差押財産(例) 処分による制限
不動産 登記簿に差押等が記載され、他の債権者が知ることとなります。
預金・売掛金 自由に引き出すことなどができなくなると同時に、一定額強制徴収します。
給与 毎月の給与から一定額を強制徴収します。
生命保険 強制的に解約し、解約返戻金等を強制徴収します。

 

5.換価

差し押さえても、納付がない場合は、換価します。


(1) 不動産や動産・・・原則として公売し、売却代金を滞納税等に充当します。
(2) 預金・給与・売掛金・生命保険等の債権・・・強制的に引き出す等し、滞納税等に充当します。

 

 

税金が納付できない、督促状が届いたなどの場合には?

失業や災害・病気などで納期内の納税が困難な場合、督促状や催告書などが送付されてきた場合は、太宰府市納税課へご連絡ください。
なお、納期限を過ぎ、督促や催告などを行っても、納付や相談がない場合は、直ちに滞納整理に着手していきます。

 

 

この記事に関するお問い合わせ先
納税課 電話番号:092-921-2121(代表) ファクス番号:092-921-1601
メールフォームでのお問い合わせ