軽自動車税の税率について

原動機付自転車、及び二輪車等について

原動機付自転車、小型特殊、軽二輪、および小型二輪の税額は表1のとおりです。

表1 原動機付自転車、二輪車等の税額表
車両区分 税額
原動機付自転車 50cc以下 2,000円
原動機付自転車 50cc超~90cc以下 2,000円
原動機付自転車 90cc超~125cc以下 2,400円
原動機付自転車 ミニカー 3,700円
小型特殊 農耕作業用 2,400円
小型特殊 その他 5,900円
軽二輪(125cc超~250cc以下) 3,600円
小型二輪(250cc超) 6,000円

三輪以上の軽自動車税について

三輪以上の軽自動車税については、新規検査日(注意1)が平成27年4月1日以降の車両は表2の(2)の新税額が毎年課税されます。また、環境に配慮しグリーン化を進める観点から、新規検査日から13年を経過した三輪以上の軽自動車については、平成28年度より毎年表2の(3)の重課税が適用されます。

表2 三輪以上の軽自動車税の税額について
車両区分 (1)平成27年3月31日以前に新規検査(現行税率) (2)平成27年4月1日以降に新規検査(新税率) (3)新規検査日から13年を経過したもの(重課税)
三輪    3,100円    3,900円    4,600円
四輪以上(660cc以下)乗用 営業用    5,500円    6,900円    8,200円
四輪以上(660cc以下)乗用 自家用    7,200円    10,800円    12,900円
四輪以上(660cc以下)貨物 営業用    3,000円    3,800円    4,500円
四輪以上(660cc以下)貨物 自家用 4,000円 5,000円 6,000円

注意1:新規検査とは、今までに車両番号の指定(ナンバープレートの交付)を受けたことのない軽自動車を、新たに使用しようとするときに受ける検査のことです。
最初の新規検査年月は自動車検査証の「初度検査年月」に記載されています。下図をご確認ください。


syakennsyou mihonn

平成31年度に重課税が適用される車両は、上図の吹き出し部分の新規検査日が平成18年3月以前のものです。重課税の適用年度は軽自動車税重課税早見表(PDF:49KB)をご確認ください。


なお、平成30年4月1日から平成31年3月31日までに新規検査を受けた車両(表2の(2))のうち、一定の環境性能を有するものについては、税率を軽減するグリーン化特例(軽課)が導入されます。(表3)軽課税の適用年度は、1台の車につき、新規検査後の初度課税1回のみとなります。

表3 三輪以上の軽自動車の軽課税(平成29年度から平成31年度までの初度課税分)
 
車両区分 電気自動車
天然ガス軽自動車
(ポスト新長期規制からNOx10%低減)
乗用
平成32年度燃費基準+30%達成
貨物
平成27年度燃費基準+35%達成
乗用
平成32年度燃費基準+10%達成
貨物
平成27年度燃費基準+15%達成車
三輪    1,000円    2,000円    3,000円
四輪以上(660cc以下) 乗用 営業用 1,800円 3,500円  5,200円
四輪以上(660cc以下)乗用 自家用    2,700円    5,400円    8,100円
四輪以上(660cc以下)貨物 営業用    1,000円    1,900円    2,900円
四輪以上(660cc以下)貨物 自家用 1,300円 2,500円 3,800円

燃費基準の達成状況は、自動車検査証の備考欄に記載されています。 


軽自動車税は、その年の4月1日現在登録されている車両の所有者に対して課税されます。
転入した場合や廃車する場合は、速やかに手続きをしてください。

この記事に関するお問い合わせ先
税務課 電話番号:092-921-2121(代表) ファクス番号:092-921-1601
メールフォームでのお問い合わせ
「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。