働き方改革関連法が順次施行されます

事業者の方に向けて、福岡労働局よりお知らせがありましたので掲載いたします。

「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律(=改正法)」が、平成30年7月6日に公布されました。改正法の大きなポイントは次の3点です。

  1. 法律で残業時間の上限を定め、これを超える残業はできなくなります。
    施行時期:2019年4月1日から
    注意:中小企業は2020年4月1日から
  2. 使用者が労働者の希望を聴き年次有給休暇の時季を指定し、年5日は有給を取得していただくこととなります。
    施行時期:2019年4月1日から
  3. 正規雇用労働者と非正規雇用労働者の間の不合理な待遇差が禁止されます。
    施行時期:2020年4月1日から
    注意:2021年4月1日から

上記以外にも法改正がありますので、詳細は福岡労働局ホームページでご確認ください。 

厚生労働省ホームページより下記のリーフレット等をダウンロードしていただくことができます。

  • リーフレット『「働き方」が変わります!!』
  • 36協定記載例(一般条項)
  • 36協定記載例(特別条項)
  • 36協定で定める時間外労働及び休日労働について留意すべき事項に関する指針について
  • 年次有給休暇の時季指定義務について
この記事に関するお問い合わせ先

産業振興課 電話番号:092-921-2121(代表) ファクス番号:092-921-1601
メールフォームでのお問い合わせ