水道加入をご検討されている皆様へ

平成25年度、大分県の大山ダムの完成により受水が増え、渇水に強く、さらに安心して水道水を配水できるようになりました。そこで、より多くの皆さんに水道をご利用いただけるよう水道加入促進をしています。

給水区域であり、給水を必要とする土地の前面道路に水道本管が埋設されていることの確認が必要です

  給水区域とは水道を供給できる区域を指します。その区域の中にあっても水道本管の整備が十分でない道路もあります。そのため前面道路の水道管埋設確認が必要です。
前面道路に水道本管が無い場合、要望書を提出いただき、整備を進めています。ただし、計画と設計から工事の完成まで必要な期間が場所によって大きく異なりますので事前の打ち合わせが重要となります。

水道本管の分岐から宅内までの水道管(給水装置)は個人の施設となります

はじめて水道を利用されるご家庭にあっては、水道本管から分岐して宅内に水道を引くための工事が必要となります。この工事に要する費用は全て個人の負担となります。同時に水道加入負担金が必要です。

水道加入負担金について

申込時に契約いただく口径毎に加入負担金が違います。メーター口径13ミリメートル場合はトイレの水を流したときや洗濯中などに台所の水が減った、または給湯器の温度が変わったっと感じる場合があるなど、水栓2カ所の同時使用の場合に水量が減少しますのでご理解のうえ選択ください。   

給水申し込みは、全て太宰府市指定給水装置工事事業者へ

太宰府市指定給水装置工事事業者とは水道法のもと給水装置工事主任技術者(厚生労働大臣認定)を有し、所定の要件を市が審査したのち指定店として認定した事業者です。給水申し込みにあたっての事前調査・設計・申し込み・工事実施・市検査立会などを行います。なお、工事費の見積もりは指定業者毎に異なりますので複数の見積もりを取られることをお勧めします。また、工事費の他、申込時の審査に3,000円、及び完了検査にメーター毎1,000円の手数料が必要となります。   

上記説明の給水装置工事のながれの図

水質管理について


太宰府市では水道水を安心してご利用でいただけるよう市内給水管末で毎日の水質検査を実施しています。水道水として遠路の配水していますので塩素管理が必要です。そのため多少の塩素臭もありますがご理解いただきたいと思います。なお、宅内において給湯器や浄水器を通した後の水質についてはお客様の管理となります。

水道水をよりおいしく飲むための工夫 

水道料金について


水道料金については「水道料金の計算のしかた」を参照ください。

水道料金の計算のしかた

 

この記事に関するお問い合わせ先

上下水道施設課 〒818-0110 福岡県太宰府市御笠五丁目3番1号 電話番号:092-408-4025 ファクス番号:092-921-9009
メールフォームでのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。