AV出演強要問題・「JKビジネス」問題に関する相談

AV出演強要問題・「JKビジネス」問題について

「モデル・アイドルになりませんか」と声をかけられた、「高収入アルバイト」に応募した。
その後、聞いていない・同意していない、性的な行為等の「写真」や「動画」の撮影をされたり、性暴力やストーカー等の被害を受けた。

それをきっかけに若い女性が性的な被害を受ける問題が発生しています。

これらのことは、重大な人権侵害であり、安全で安心な暮らしを揺るがす問題です。

内閣府では、平成29年4月を「AV出演強要・「JKビジネス」等被害防止月間」とし、注意喚起や相談窓口の周知などをはじめとした対策に取り組んでいます。

内閣府ホームページに、アダルトビデオ出演強要問題や、「JKビジネス」問題に関する被害事例や相談窓口が掲載されていますので、ご覧ください。

また、悩んでいる人がいたら、プライバシーは守られますので、まず相談してみませんか。

 

この記事に関するお問い合わせ先
人権政策課 電話番号:092-921-2121(代表) ファクス番号:092-921-1601
メールフォームでのお問い合わせ