新型コロナウイルス感染症に関する人権への配慮について

新型コロナウイルスに感染した人が国内でも相次いで確認される中、感染した人や治療に従事した医療関係者とその家族、外国籍の人、外国からの帰国者などに対する誹謗中傷や心無い書き込みがSNSなどで広がっています。
新型コロナウイルス感染症に関連して、誤った情報による不当な差別、偏見、いじめなどがあってはなりません。
人権侵害につながることのないよう、国や自治体が提供している正しい情報にもとづき、冷静な行動をお願いします。
差別やいじめ等を受けた場合は、一人で悩まず、相談窓口をご利用ください。

相談窓口はこちらです。

新型コロナウイルス感染症に関連して (法務省HP)

 

「差別をなくして新型コロナウイルス感染症まん延を乗り越えよう」福岡県人権擁護委員連合会

福岡県人権擁護委員連合会から、県民の皆様へのアピール「差別をなくして新型コロナウイルス感染症の感染まん延を乗り越えよう」が宣言されましたので、お知らせします。

自粛生活を余儀なくされ、精神的なストレスなどが蓄積される中、残念ながら差別的な言動が現れるに至っています。このような言動は重大な人権侵害であり、またこのような時期だからこそ、みんなが助け合い、支え合うことが肝要です。みんなでコロナウイルス感染症の感染まん延を乗り越えましょう。

緊急宣言「差別をなくして新型コロナウイルス感染症のまん延を乗り越えよう」(PDF:701.9KB)

 

 

新型コロナウイルス感染症に関する偏見や差別をなくそう!

~確かな情報に基づき、冷静な行動を~

国内での新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、不安や偏見により、感染者やその家族等への誹謗中傷やいじめ、差別的な対応といった人権侵害が起きています。

感染症の治療にあたった医療関係者が職場で「ばい菌」扱いされる、子どもが保育園への登園自粛を求められる、家族が勤め先から出勤を見合わせるよう指示を受けるなどの事案が報道されています。

また、学生の感染を公表した大学で、在学生が近隣の飲食店から入店を断られる、東京などを行き来している長距離トラックの運転手の子どもが、学校から自宅待機を求められるといった事案も発生しています。

わたしたちは、目に見えないウイルスや経験したことのない感染症に不安やおそれを感じ、遠ざけたいという心理から、感染症に関わる人を不必要に避けようとするなど、差別的な行動をとってしまうことがあります。

さらに、こうした行動は、自分自身の感染が疑われる場合であっても、差別をおそれ受診をためらうことにつながり、結果的に感染が拡大するという負の連鎖も引き起こしかねません。

新型コロナウイルスに感染した方、治療に当たっている医療関係者や社会機能の維持にあたる方とその家族、外国人等に対して、不当な差別、偏見、いじめ、SNS等での誹謗中傷があってはなりません。

偏見や差別的な言動に同調せず、確かな情報に基づいて冷静に行動してください。

一人ひとりの行動で負の連鎖を断ち切りましょう。

皆さんの御理解と御協力をお願いします。

新型コロナウイルス感染症に関する偏見や差別をなくそう(PDF:217.8KB)

 

新型コロナウイルス感染症に関する人権への配慮について(福岡県HP)

 

 

新型コロナ感染症に関連する大臣メッセージ

新型コロナウイルス感染症に関連する法務大臣緊急メッセージが発信されました。

このメッセージはYouTube法務省チャンネルにや、法務省人権擁護局公式SNSで発信されています。

新型コロナ感染症に関連する大臣メッセージ(PDF:984.1KB)

YouTube法務省チャンネル https://youtu.be/RYS00qCxo-0

公式SNS http://twitter.com/MOJ_JINKEN/status/1256054316156112896

 

 

この記事に関するお問い合わせ先
人権政策課 電話番号:092-921-2121(代表) ファクス番号:092-921-1601
メールフォームでのお問い合わせ