電子証明書(公的個人認証サービス)について

電子証明書とは

住所、氏名、性別、生年月日のほか、暗号化したデータを復号するために必要な情報等が記載されており、これらの情報が申請者本人のものであることを都道府県知事が証明したものです。なお、この証明書は、紙に印字するものではなく、 住民基本台帳カード、マイナンバーカード の中に格納されます。
住基カードの場合有効期間は3年、マインバーカードの場合有効期間は5年です。(引越しによる住所変更など、申請者の住所、氏名等、電子証明書に記録されている情報に変更があった場合、有効期間内であっても失効します。)
この電子証明書を利用すれば、確定申告について税務署に出向くことなく国税電子申告・納税システム(e-Tax)で行うことができます。

電子証明書の取得方法

マイナンバーカードをご持参のうえ、市民課にお越しください。住民基本台帳カードでの電子証明書発行はマイナンバーカード交付に伴い、できなくなりました。

電子証明書発行手数料は基本無料ですが、再発行時は200円かかります。

e-Taxを利用するには

電子証明書は住民基本台帳カードの中に入りますので、ICカードリーダライタという住民基本台帳カードの情報を読み取るための装置が必要です。ICカードリーダライタは家電量販店やインターネット販売で購入できます。
また、確定申告には専用のサイトがありますので、そちらから申告することになります。以下のサイトを参照ください。
【e-Tax(国税電子申告・納税システム)】 http://www.e-tax.nta.go.jp/

この記事に関するお問い合わせ先
市民課 電話番号:092-921-2121(代表) ファクス番号:092-921-1601
メールフォームでのお問い合わせ