狂犬病予防注射

狂犬病予防注射の接種

狂犬病予防法に基づき、生後91日以上の飼い犬は、年1回の狂犬病予防注射の接種が義務付けられています。違反すると20万円以下の罰金の対象となります。
たとえ、小型犬や室内犬であっても狂犬病予防注射の接種は必要です。

また、接種後、狂犬病予防注射済票の交付を受けてください。

注射および注射済票の交付ができるところ

・狂犬病予防集団注射会場(4月・5月に各地区公民館などで実施)

・市が委託している動物病院(狂犬病予防注射接種と同時のみ新規登録可能)

手数料

・集団注射 一頭 3,150円(注射2,600円+注射済票交付550円)

・動物病院 病院によって異なる

注射済票の交付ができるところ

・環境課(市役所2階)

必要なもの

・狂犬病予防注射済証(動物病院発行)
・手数料
・登録していることがわかるもの(鑑札等)

手数料

・注射済票の交付 一頭 550円

狂犬病予防注射済証

狂犬病予防注射済証(動物病院等発行)

狂犬病予防注射済票

狂犬病予防注射済票(2019年度は黄色)

注意事項

動物病院等で狂犬病予防注射を接種し、狂犬病予防注射済票(上記写真参照)の交付を受けていない場合は、動物病院等が発行する「狂犬病予防注射済証明書」を持参のうえ、環境課で狂犬病予防注射済票の交付を受けてください。

この記事に関するお問い合わせ先

環境課 電話番号:092-921-2121(代表) ファクス番号:092-921-1601
メールフォームでのお問い合わせ