レジ袋有料化がスタートします

買い物をしたときに品物を入れるプラスチック製のレジ袋。 日本で1年間に使われるレジ袋の枚数は、約300億枚とも言われています。 日本に住む人全員が、毎日1枚使用している計算になります。
プラスチックは、軽くて丈夫で密閉性も高いため、非常に便利な素材ではありますが、ごみの増加や原料となる資源の制約、海洋プラスチックごみの問題など、課題もあります。
 

令和2年7月1日より『レジ袋有料化』がスタート

令和2年7月1日より、全国一律でプラスチック製買物袋の有料化がスタートします。
これは、プラスチック製買物袋の過剰な使用を削減していくとともに、有料化をきっかけとして、私たちのライフスタイルを見直すことで、プラスチック製買物袋以外のワンウェイ(使い捨て)プラスチックの使用を削減することにもつなげていくことを目的としています。

対象となる買物袋

有料の対象となるのは、購入した商品を持ち運ぶために用いる持ち手のついたプラスチック製買物袋です。 紙袋、布の袋、持ち手のない袋は本制度の対象外です。 また、環境性能が認められ、その旨の表示がある以下3点も対象外です。

  • プラスチックのフィルムの厚さが50マイクロメートル以上のもの
  • 海洋生分解性プラスチックの配合率が100%のもの
  • バイオマス素材の配合率が25%以上のもの 

環境を守るために

みなさんの小さな行動の積み重ねが、私たちの環境を守ることにつながります。
このレジ袋有料化をきっかけとして、 使い捨てプラスチックの使用削減のためにライフスタイルを見直してみませんか?

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

環境課 電話番号:092-921-2121(代表) ファクス番号:092-921-1601
メールフォームでのお問い合わせ