空き巣事件多発中!

筑紫野警察署管内では、空き巣による泥棒被害が多発しています。
特に、窓ガラスを割られたり、鍵をかけずに外出して、泥棒の被害にあうケースが増えています。
そのほかにもピッキングにより自宅内に侵入されることもあります。自分の家が泥棒に入られないようにするには、次の3つのことに注意しましょう。

泥棒被害を防ぐ方法その1

ちょっとした外出の時でも必ず戸締まりはしっかりと確認し、ドアや窓を二重ロックにしたり、防犯シールなどを貼り付けましょう。

泥棒被害を防ぐ方法その2

外出するときは、窓にレースカーテンをひき、新聞や郵便物でポストをいっぱいにしないなど、留守にしていることがわからないように工夫しましょう。

泥棒被害を防ぐ方法その3

一番大切なことは、みなさんによる声かけや、挨拶により地域の交流を深め、泥棒の入りにくい安全な町にすることです。
 

今も、空き巣は皆さんのすぐ近くにひそんでいます。注意して下さい。あやしい人やあやしい車を見かけた時は迷わず110番して下さい。

この記事に関するお問い合わせ先
防災安全課 電話番号:092-921-2121(代表) ファクス番号:092-921-1601
メールフォームでのお問い合わせ