イノシシに出会ったら

太宰府市内において、イノシシの目撃情報が寄せられています。
イノシシは本来、臆病でおとなしい性質を持っています。普通、イノシシが 人に出会ってもイノシシの方から逃げるのであわてる必要はありませんが、興奮していたり、発情期(晩秋~冬)や分娩後で攻撃的になっていたり、至近距離で突然出会った場合には注意が必要です。
事故を防ぐために、イノシシと出会った場合は次のことに注意してください。

落ち着いてゆっくり行動しましょう

イノシシに出会ったら、静かにその場を離れるようにしましょう。急に走り出してイノシシを興奮させないこと。イノシシが興奮している場合は、後ろを向くと襲ってくることもあるので、なるべく背中をみせないよう、ゆっくりと後退するようにしましょう。
たてがみを逆立てて、明らかに威嚇している状態でなくても、シュー、カッカッカッ、クチャクチャクチャという音をイノシシが発していたら、威嚇音ですので注意する必要があります。

攻撃したり、威嚇したりしてはいけません

棒を振り上げたり、石を投げたりしてイノシシを挑発するのは大変危険です。逆上したイノシシが向かってくることもあります。

うり坊を見かけても、近づいてはいけません

うり坊(イノシシの子)を見かけても、近くに母イノシシがいる可能性が高いので、近づいたり追いかけたりしてはいけません。
また、かわいいからと食べ物を与えることはしないでください。人への警戒心を低下させ、人が食べ物の供給源だと学習させることにつながります。

どうしても接近を避けられない場合は

イノシシと出会ったらその場を離れるのが一番ですが、人間がいる方向に逃げ場所が限られる場合などには接近してくることがあります。接近が避けられない場合は、イノシシに逃げ道を明け渡しつつ、安全な場所に緊急避難しましょう。
安全な場所とは、イノシシから人間が見えない場所やイノシシが簡単に登れない場所です。立木に登るのも有効な方法です。

イノシシ被害防止のためには

イノシシは学習能力が高く、「一度覚えると忘れない」「侵入に成功した仲間を真似る」「光、音、においを使った防除方法の効果は一時的ですぐ慣れてしまう」と言われています。
市内全域に箱わなを設置して イノシシの捕獲に努めていますが、 家庭菜園や田畑の周辺に放置された野菜クズなどがあれば、 イノシシはそちらを餌とするため、 箱わなでの捕獲が難しくなってしまいます。

イノシシに 「住宅地へ行けば餌が手に入る」と学習させないように、「野菜や果樹などの農作物は確実に収穫する」、「すみかとなるような繁みなどの草刈りを行う」といった地域単位での取り組みが大変重要となります。

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ先

産業振興課 電話番号:092-921-2121(代表) ファクス番号:092-921-1601
メールフォームでのお問い合わせ