パートタイム・有期雇用労働法が施行されます

平成30年7月6日に、働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律が公布され、本年4月1日から罰則付きの時間外労働の上限規制や、年5日の年次有給休暇の確実な取得をはじめとして、各改正事項が順次施行されています。

令和2年4月1日(注意:中小企業の場合は令和3年4月1日)からは、正社員と非正規社員の間の不合理な待遇の差をなくす目的で、パートタイム・有期雇用労働法が施行されますので、改正のポイントをお伝えします。

改正のポイント

  1. 正社員とパートタイム労働者・有期雇用労働者との間で基本給、賞与などのあらゆる待遇について不合理な待遇差を設けることが禁止されます。
  2. 事業主は、パートタイム労働者・有期雇用労働者から正社員との待遇差の内容や理由について説明を求められた場合、説明する義務が課されます。
  3. 行政による事業主への助言・指導等や裁判外紛争解決手続きが整備されます。

問い合わせ先

福岡労働局 雇用環境・均等部 指導課

電話番号:092-411-4894

その他の制度については、「働き方改革関連法が順次施行されます」のページをご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

産業振興課 電話番号:092-921-2121(代表) ファクス番号:092-921-1601
メールフォームでのお問い合わせ