私立幼稚園就園奨励費補助金

 

市では、幼稚園教育の振興のため、私立幼稚園に満3歳以上のお子さんを通園させているご家庭に対し、その世帯の課税状況に応じて保育料の負担を軽減するための補助を行っています。

 

補助の対象となる園児

太宰府市に居住し、私立幼稚園に通園している満3歳以上の児童が対象となります。

 

平成28年度私立幼稚園就園奨励費補助基準・補助限度額表

年度の途中で入園又は退園する場合は、月割で補助します。月途中で入園又は退園する場合は、その月の日数の半数を超えて在園する場合に当該月分も対象となります。
注意:保育料・入園料が補助限度額を下回る場合は、納めた保育料・入園料の額を限度として補助します。)

補助基準及び補助限度額(年額)
区分 第1子 第2子 第3子

(1)生活保護法の規定による保護を受けている世帯

308,000円 308,000円 308,000円

(2)当該年度に納付すべき市町村民税の所得割が非課税となる世帯

272,000円 290,000円 308,000円

(2)-2当該年度に納付すべき市町村民税の所得割が非課税となる世帯で、ひとり親世帯等

308,000円 308,000円 308,000円

(3)当該年度に納付すべき市町村民税の所得割課税額が77,100円以下の世帯

115,200円 211,000円 308,000円

(3)-2当該年度に納付すべき市町村民税の所得割課税額が77,100円以下の世帯で、ひとり親世帯等

217,000円 308,000円 308,000円

(4)当該年度に納付すべき市町村民税の所得割課税額が211,200円以下の世帯

62,200円 185,000円 308,000円

(5)上記以外の世帯

0円 154,000円 308,000円

注意:表の金額は、 H28 年度( H28 年 4 月から H29 年 3 月末まで) 1 年間幼稚園に在園した場合の金額です。 年度の途中で太宰府市外から転入・転出、または入園・退園をした場合は該当月の分のみお支払します。
注意:平成 27 年度までは年少扶養控除を考慮し所得割課税額を算出していましたが、平成 24 年度の年少扶養控除廃止から一定の期間が経過したことに鑑み、平成 28 年度からは年少扶養控除を考慮しない(現行税制上)の市町村民税課税額で階層区分を判定します。
注釈「ひとり親世帯等 」には、母子家庭・父子家庭のほか、同一の世帯に右記の人が属する場合を含みます。(1)生活保護法に規定する要保護者(2)身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳が交付されている人(在宅に限る)(3)特別児童扶養手当の支給対象児童(在宅に限る)(4)障害基礎年金を受給している人(在宅に限る)
注意:表の「第 1 ~ 3 子」とは、未就学児の兄姉が、認可保育所(園)(届出保育施設を除く)・認定こども園・特別支援学校幼稚部・情緒障害児短期治療施設通所部に入所又は児童発達支援及び医療型児童発達支援を利用している場合、幼稚園に就園している場合、および小学校 1 ~ 3 年生の兄姉がいる場合です。小学校 4 年生以上の兄姉はカウントしません。ただし、多子世帯の負担軽減として、市町村民税の所得割課税額が 77,100 円以下の世帯(表の(1)、(2)、(3)-2、(3)、(3) -2 )については、小学 4 年生以上の兄姉もカウントし最年長の子から順に第 1 子、第 2 子…とみなして算定します(上の子の年齢や勤務状況により、生計を一とすると認められない場合は、 軽減対象とならない場合があります )。
注意:園児と生計を一つにしている父母及びそれ以外の扶養義務者(家計の主宰者である場合に限る)のすべての者の市町村民税所得割額の合計額によって補助金の区分を決定します。また、住宅取得控除等の税額控除を受ける場合は、その控除を受ける前の税額となります。

補助金はいくらもらえる?(基本計算例)

例1.市町村民税所得割課税額105,000円世帯で、中学2年生の兄、小学1年生の姉がおり、幼稚園に2人通園している場合

市町村民税所得割課税額が211,200円以下の世帯(表の(4))に該当します。表の(4)、(5)の世帯は、小学校4年生以上の兄姉はカウントしないので、小学1年生の姉からカウントします。
幼稚園に通園している1人目の児童は「第2子」扱いとなり185,000円、2人目の児童は「第3子扱い」となり308,000円が補助限度額となります。

例2.市町村民税所得割課税額55,000円世帯で、中学2年生の兄、小学1年生の姉がおり、幼稚園に2人通園している場合

市町村民税所得割課税額が77,100円以下の世帯(表の(3))に該当します。表の(1)、(2)、(2)-2、(3)、(3)-3の世帯は、小学4年生以上の兄姉もカウントするので、中学2年生の兄からカウントします。
幼稚園に通園している1人目の児童は「第3子」扱いとなり308,000円、3人目の児童も「第3子扱い」となり308,000円が補助限度額となります。

補助金の支給

補助金の支払は、年2回です。4月から8月までの在園分を10月下旬に、9月から3月までの在園分を3月下旬に交付します(申請した口座への振込となり、現金での支給はできません)。

申込方法

幼稚園で配布する「幼稚園就園奨励費補助申請書」に必要事項を記入し、幼稚園を通して申請してください。世帯構成や課税状況により、 補助金交付の判定のために、必要書類の提出をお願いする場合があります
詳しくは、幼稚園から配られるおしらせ及び申請書をご参照ください。

補助金交付判定のため、市町村民税額を太宰府市健康福祉部保育児童課が確認することを、あらかじめご了承ください。

 

この記事に関するお問い合わせ先
保育児童課 電話番号:092-921-2121(代表) ファクス番号:092-921-1601
メールフォームでのお問い合わせ