2022年度以降の太宰府市成人式について

太宰府市の成人式は、「20歳のつどい(仮称)」として、これまで通り20歳を対象で実施します。

2018年6月13日に、成人年齢を20歳から18歳に引き下げること等を内容とする民法の一部を改正する法律が成立し、2022年4月1日から施行されることになりました。

民法改正後の成人式の対象年齢を18歳とするかどうかについて全国的に大きな関心が寄せられています。太宰府市では、今後成人式を迎える皆様の不安に早めにお応えするためにも、検討を重ねてまいりました。

その結果、以下の理由により、民法改正後は「20歳のつどい(仮称)」として、これまで通り20歳を対象で実施することといたしました。

  • 20歳を対象に開催することで、大学進学や就職等を機に太宰府を離れ市外へ出た人も、故郷に帰省し同級生と思い出話に花を咲かせ絆を再確認してもらい、また故郷「太宰府」を大切に思う心を育む良い機会になること
  • 18歳で実施になる場合、移行年度に年齢の異なる人(18歳~20歳)が対象となり、3学年同時開催や複数回開催することが必要になるため、準備作業等において問題や混乱が生じる可能性があること
  • 18歳の多くが高校3年生であり、受験勉強や就職活動など進路の選択に関わる大事な時期にあたることから、本人にも家族にも大きな負担がかかり、落ち着いて式に参加することができず、参加者減につながる可能性があること
  • 成人年齢は18歳に引き下げられるものの、飲酒・喫煙等一部権利は18歳で認められず、20歳がすべての年齢制限がなくなる区切りの年齢であること
この記事に関するお問い合わせ先

社会教育課 電話番号:092-921-2121(代表) ファクス番号:092-921-3667
メールフォームでのお問い合わせ