子ども会について

子ども会とは?

子ども会とは、小学生を中心とした子どもたちで構成された集団です。様々な活動を自分たちの手で、企画・準備・実施・評価することで多くのことを学びます。また、組織運営自体も子どもたちの貴重な体験学習の一つになっています。

活動は、キャンプやクリスマス会、歓送迎会などの自分たちの楽しみの活動から、地域の清掃活動、町内会や敬老会といった他団体との地域交流活動まで幅広くあります。地域特性が強いので、地域により多種多様な形態や活動内容となっています。

子ども会活動のねらい

基本的には子どもたちが中心になり活動し、それを大人たちはサポートします。また、異年齢の子どもたちが集まって活動することにより、子どもたちは生きていく上で必要な社会的スキルを身につけ、豊かな心を育むことができます。

高学年の子どもたちは、活動の企画や運営を行ったり、低学年の子どもたちの手助けをしたりすることで、自主性や創造性、リーダーシップ、思いやりの心などを育んでいきます。 一方、低学年の子どもたちは、高学年の子どもたちに助けられたりしながら、あるいは、そうした高学年の子どもたちの姿を見ることによって非常に多くの事を学びます。
特に、子どもの成長期に、地域子ども会活動などを通して学ぶことは、たくさんあります。子ども同士の約束ごとや規範意識の高揚など、多くの豊かな友だち関係を経験することで子どもは成長します。そのため、子ども会活動は大切なのです。
 

楽しい子ども会のためのQ&A(太宰府市子ども会育成会連合会作成)(PDF:229.8KB)

この記事に関するお問い合わせ先

社会教育課 電話番号:092-921-2121(代表) ファクス番号:092-921-3667
メールフォームでのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。