学校施設の耐震診断結果及び耐震化の計画(用語の説明)

用語の説明
耐震診断 建築基準法の耐震基準が昭和56年6月1日から現在の基準になっています。現行の耐震基準によって建築された建物については、診断や補強の必要がありませんが、それ以前に建築された建物については現行の耐震基準とは異なるため、国が定めた診断基準で現況調査、構造計算及び専門家の工学的判断により耐震性能を診断する必要があります。このことを耐震診断といいます。耐震診断の結果、現行の基準以下であれば建物の補強をしなければなりません。現在の耐震基準では従来の中規模地震に対する安全性に加え、わが国における最大規模の地震に対しても最終的な崩壊や倒壊の可能性が低く、人命に影響を及ぼさない程度のことをいいます。
Is値 建物の耐震性を表す指標で「構造耐震指標」のことです。地震の振動及び衝撃に対して倒壊又は崩壊する危険性を表すもので、その数値が大きいほど地震に強い建物といえます。Is値は建物の「強度と粘り強さ」に「建物の形状の良し悪し」と「経年による劣化の度合い」を考慮して決まるものですが、この数値が一定の数値以上であることが求められています。通常はIs値が0.6以上あれば倒壊又は崩壊の危険性が低いと言われています。この数値は過去の地震の被害調査から決められたものですが、学校建築においては文部科学省より出された「公立学校施設に係る大規模地震対策関係法令及び地震防災対策関係法令の運用細目」により、学校の重要性を考慮しIs値が0.7以上と決められています。
CtuSD値 建物の耐力を表す数値で「保有水平耐力に係る数値」です。建物の各階の保有している耐力の合計が、必要な耐力を満たしているかを数値化したものです。保有水平耐力とは、建物がどの程度の水平力まで耐えられるかを示します。このCtuSD値が0.3以上を必要な数値としています。なお、q値は「保有水平耐力に係る指標」のことをいい、CtuSD値=q値×0.3で表します。
RC造
S造
RC造とは鉄筋コンクリート造、S造とは鉄骨造のことをいいます。

 

この記事に関するお問い合わせ先

社会教育課 電話番号:092-921-2121(代表) ファクス番号:092-921-3667
メールフォームでのお問い合わせ