各種奨学金について

2016年9月1日更新
経済的な理由により修学することが困難な人に対し、次のような奨学金貸付制度が設けられています。
詳しい内容は、下記へお問い合わせください。

独立行政法人 日本学生支援機構
概要 奨学金は、経済的理由により修学に困難がある優れた学生等に対し貸与されます。
卒業後返還された奨学金は、後輩の奨学金として再び活用されます。
種類 第一種奨学金(無利子)
第二種奨学金(有利子)
貸付対象 高等専門学校・専修学校(専門課程)・短期大学・大学・大学院の学生
金利 無利子 ・ 有利子
返済期間 校種等により異なります。
条件 第一種(学力基準・収入基準あり)
第二種(収入基準あり)
募集時期 入学前(学校を通して申し込み)
入学直後
家計の急変の場合は随時
備考 申し込みに関する相談は、在学する学校を通じてご相談ください。
問い合わせ 独立行政法人 日本学生支援機構
電話番号:0570-666-301(代表)
ホームページ
福岡県教育文化奨学財団
概要 勉学意欲がありながら経済的理由により修学が困難な人に対して、学資の貸与を行うことにより、社会に有為な人材の育成に資するとともに、教育の機会均等に寄与することを目的としています。貸与された奨学金は卒業後、奨学生本人が返還することになります。
種類 入学支度金
奨学金
貸付対象 高等学校(中等教育学校後期課程、特別支援学校高等部を含む)
高等専門学校
専修学校高等課程
金利 無利子
返済期間 公立は貸与期間の3倍、私立は貸与期間の4倍
条件 (1) 奨学金(世帯の全収入額が、予約募集は生活保護基準の1.5倍以下、在学募集は生活保護基準の2.4倍以下であること)
(2) 入学支度金(世帯の全収入額が生活保護基準の1.0倍以下であること)
・採用はその年度の予算の範囲内で行うため、採用されない場合があります。
募集時期 (1) 予約募集 高校入学前(7月上旬から・在学する中学校を通して申し込み)
(2) 在学募集 高校入学後(4月上旬・在学する高校等を通して申し込み)
(3) 緊急採用 家計急変の場合、随時申し込みができます。
問い合わせ 公益財団法人 福岡県教育文化奨学財団(福岡県庁内)
電話番号:092-641-7326
太宰府市若年者専修学校等技能習得資金
概要 経済的な理由により専修学校等において修業することが困難な人に対し、修学資金を無利子で貸与する制度です。貸与された奨学金は卒業後、奨学生本人が返還することになります。
種類 修学資金
入校支度金
貸付対象 福岡県が指定する専修学校の専門課程(修業年限1年以上2年未満)・高等課程・一般課程および各種学校(修業年限1年以上)
金利 無利子
返済期間 借入年数の3倍以内
条件 (1) 世帯の全収入額が生活保護基準の1.5倍以下であること
(2) 専修学校等に入校した年度の前年度に中学校または高等学校を卒業した人、もしくは前年度に高等学校を中退した人
募集時期 毎年4月初旬から5月初旬まで(専修学校入学後に申請)
問い合わせ 太宰府市教育委員会 社会教育課教務係
電話番号:921-2121(内線467)
太宰府市若年者専修学校等技能習得資金の詳しい内容
福岡県母子父子寡婦福祉資金
概要 母子家庭の母、父子家庭の父または寡婦が扶養している子に対し、修学するために必要な資金として貸し付けられるものです。
種類 修学資金 ・ 就学支度資金
貸付対象 高等学校・高等専門学校・短期大学・大学・専修学校(高等課程・専門課程・一般課程)の生徒・学生
金利 無利子
返済期間 種類により異なります
条件 (1) 母子家庭または父子家庭であること。
(2) 世帯の収入が定められた基準以下であること。
募集時期 修学資金(随時)
就学支度金(3月上旬まで)
問い合わせ 太宰府市健康福祉部 保育児童課
電話番号:921-2121(内線318)
生活福祉資金(県)
概要 収入が少ない人の世帯や、障害のある人の世帯、高齢者世帯に対する貸付資金です。
種類 教育支援費
就学支度費
貸付対象 学校教育法に規定する高等学校(特別支援学校高等部、中等教育学校後期課程および専修学校高等課程を含む)、短期大学(専修学校専門課程を含む)、大学 または高等専門学校
金利 無利子
返済期間 詳しくはお問い合わせ下さい。
条件 世帯の収入合計が生活保護基準の1.5倍程度の世帯に対する貸付金です。 (他の貸付制度が受けられる場合は適用外となります)
募集時期 随時 市社会福祉協議会で受け付け。
問い合わせ 太宰府市社会福祉協議会
電話番号:092-923-3230
福岡県高等学校等定時制課程及び通信制課程修学奨励金
概要 勤労青少年の高等学校の定時制の課程・通信制の課程への修学を促進するために、その課程に在学する人に対し、修学奨励金が貸与されます。
種類 修学奨励金
貸付対象 県内の高等学校の定時制の課程または通信制の課程に在学している人
金利 無利子
返済期間 貸与を受けた月数に相当する月数の期間内
条件 (1) 経済的理由により著しく修学が困難な人であること。
(2) 経常的収入を得る職業に就いている人であること。
募集時期 入学後に在学校を経由して募集
備考 この修学奨励金制度とは別に、定時制課程教科書および通信制課程教科書学習書を給与する制度もあります。
問い合わせ 福岡県教育委員会高校教育課管理係
電話番号:092-643-3903
あしなが育英会
概要 保護者等が病気や災害(道路における交通事故を除く)または自死(自殺)などで死亡したり、またはそれらが原因で著しい後遺障害で働けないため、教育費に困っている家庭の子どもに対して貸し付けられる奨学金です。
種類 奨学金
入学一時金(私立高校・大学)
貸付対象 高等学校・短期大学・大学・大学院・専修学校・各種学校の生徒・学生
金利 無利子
返済期間 20年以内
条件 (1) 病気遺児、災害(道路における交通事故を除く)遺児、自死遺児であること。
(2) 家庭の生活事情が苦しく教育費に困っていること。
募集時期 予約出願(在学校を通じて出願) ・ 在学出願(入学後に在学校を通じて出願)
注意:願書は学校の奨学金担当の先生から取り寄せてください。(ホームページから印刷可)
問い合わせ

あしなが育英会
電話番号:0120-77-8565(フリーダイヤル) または03-3221-0888
ホームページ

交通遺児育英会
概要 保護者等が道路における交通事故で死亡したり、重い後遺障害で働けないため経済的な理由で修学が困難な高等学校以上の生徒・学生に対し貸与される奨学金です。
種類 奨学金
入学一時金
貸付対象 高等学校・高等専門学校・短期大学・大学・大学院・専修学校・各種学校の生徒・学生
金利 無利子
返済期間 20年以内
条件 保護者等が自動車事故や踏切事故など、道路における交通事故で死亡したり、重い後遺障害で働けず、経済的に修学が困難な生徒・学生であること。
募集時期 (1) 予約募集(在学校を通じて提出)
(2) 在学募集(在学校を通じて提出)
・募集期限は学校種別により異なります。
・電話もしくはホームページから応募用紙の郵送依頼ができます。
問い合わせ 公益財団法人 交通遺児育英会
電話番号:0120-521-286(フリーダイヤル) または03-3556-0773
ホームページ
犯罪被害救援基金
概要 人の生命または身体を害する故意の犯罪行為により、不慮の死を遂げた人または身体に重い障害が残った人の子のうち、経済的理由により修学が困難な人に対し、給与される奨学金です。
貸付対象 小学校・中学校・高等学校・大学(大学院を除く)・高等専門学校・特別支援学校・専修学校の専門課程/高等課程に在学している人。
返済期間 給与のため返済する必要がありません。
条件 (1) 犯罪被害を受けたとき、主として被害者の収入によって生計を維持していた子であること。
(2) 学業・人物ともに優秀で、かつ学費等の支払いが困難な人であること。
募集時期 随時
問い合わせ 公益財団法人 犯罪被害救援基金
電話番号:03-5226-1020
相談コーナー電話番号:03-5226-1021
ホームページ
国の教育ローン(日本政策金融公庫)
概要 学校納付金、 受験にかかった費用、 住居にかかる費用、教科書代、教材費、パソコン購入費、通学費用、修学旅行費用、学生の国民年金保険料など今後1年間に必要となる費用を融資の対象とする国の教育ローンです。
貸付対象 高等学校・高等専門学校・短期大学・大学・大学院・専修学校・各種学校等の生徒・学生の保護者(本人または他の親族でも利用できる場合があります)
金利 有利子
返済期間 15年以内
条件 融資の対象となる学校に入学・在学される人の保護者で、世帯の年間収入が子どもの人数により定められた上限額以内の人。
募集時期 随時 (入学資金については、入学する月の翌月までの取り扱いとなります)
備考 取扱窓口は日本政策金融公庫の各支店。最寄りの金融機関(銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協、漁協)でも取り扱っています。
問い合わせ 日本政策金融公庫 福岡西支店
電話番号:092-712-4381
教育ローンコールセンター
電話番号:0570-008656
ホームページ

1.奨学金は2以上あわせて借りることができないものがありますので、問い合わせ先にご確認ください。
2. その他の奨学金・授業料の減免については、高等学校・大学等にお尋ねください。

この記事に関するお問い合わせ先

社会教育課 電話番号:092-921-2121(代表) ファクス番号:092-921-3667
メールフォームでのお問い合わせ